スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残る再録モンスターは?

ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」で、新規の魔法カードの海皇の咆哮のカードナンバーがSD23-JP022である事から、モンスター枚数は21種類であると考えられます。
では、どんなモンスターが収録されるのでしょうか?

現在確定しているモンスターカードの枠は、

SD23-JP001 海皇龍 ポセイドラ
SD23-JP002 海皇の竜騎隊
SD23-JP003 海皇の狙撃兵
SD23-JP004 海皇の重装兵
SD23-JP005
SD23-JP006 海皇の突撃兵
SD23-JP007
SD23-JP008
SD23-JP009 ニードル・ギルマン
SD23-JP010 深海のディーヴァ
SD23-JP011 シー・アーチャー
SD23-JP012
SD23-JP013
SD23-JP014 アビス・ソルジャー
SD23-JP015
SD23-JP016 スノーマンイーター


という風な感じです。
現在未判明の枠は、SD23-JP005、SD23-JP007、SD23-JP008、SD23-JP012、SD23-JP013、SD23-JP015、(SD23-JP017~SD23-JP021)です。
空白が1、2枚程というのがなんだかもどかしいです(笑

さて、私は収録カードの順番は、これまでのストラクの傾向から海皇シリーズ→その他海竜族→海竜族以外の水属性モンスターという並び方になると予想していました。
今回、海竜族以外の水属性であるアビス・ソルジャースノーマンイーターの再録が確定した為、この並び順である可能性が高くなりました。
この法則で考えると、再録枠の最初のナンバーであるSD23-JP005は、間違いなく海皇の長槍兵でしょう。

また、これら3つのグループにおいて、各々の収録順は、これも今までのストラクの傾向からプロモやPPやLE(あとDTも?)等で登場した限定カード→一般販売されたパックで登場したカードという並びになっていると思われます。
更にこれらの「限定カード」と「一般販売パックのカード」は、登場時期順に並んでいる事が多いです。

これらの点から、SD23-JP007とSD23-JP008は、限定パックで登場した海竜族、もしくはRGBTより前のパックで登場した海竜族であると考えられます。
「限定カード」の枠に該当する海竜族モンスターは、タクリミノス氷弾使いレイス氷結界の輸送部隊シャドウ・リチュアヴィジョン・リチュアの5体です。
レベル4の通常モンスターのタクリミノスや、単体では役に立たないシャドウやヴィジョン、まず入らないでしょう(汗
レイスと輸送部隊はレベル3以下という事もあり入る可能性はありますが、レイスはともかく輸送部隊は特筆すべき点は唯一のレベル1の海竜族モンスターであるという点くらいしか無いですがどうなんでしょうか・・・。
ドラグニティのストラクに真紅眼の飛竜が収録されていた事から、完全に無いとは言い切れないですが、あちらは当時入手困難カードだった上に単体でも下級アタッカークラスの攻撃力があるカードです。
一方、「一般販売パックのカード」の枠には、レベル3以下の海竜族は1枚も存在しません(笑 それ以外で目ぼしい海竜族はというと、海竜-ダイダロスデュアル・ランサー位でしょうか。
また、今年のGSやスターターデッキの傾向から、SD23-JP007には海外で先行登場したLost Blue Breakerが来る可能性も考えられます。

SD23-JP012とSD23-JP013には、ANPR以降のパックで登場した海竜族、もしくは限定カードの海竜族以外の水属性モンスターだと考えられます
ANPR以降の「一般販売パックのカード」の枠で目ぼしい海竜族は、アームズ・シーハンター神竜アクアバザルコダロスエアジャチスカイオニヒトクイエイリチュア・ディバイナーあたりでしょうか。
アームズ・シーハンターはレベル4ですが、レベル3の水属性に関する効果を持っています。
アクアバザルは、数少ないフィールドコストによって重装兵や狙撃兵や竜騎隊の効果を使える海竜族という事で一応・・・。でも、永続魔法やフィールド魔法の情報が無いので、アクアバザル自体も無い可能性が高いです。
コダロスもレベル4ですが、優秀な除去効果を持っており、しかも効果のコストとなる忘却の海底神殿は再録が確定しています。
エアジャチやスカイオニヒトクイエイはレベル3ですが、水属性ではなく風属性なので難しいところです。
アビス・ソルジャーよりも前に登場した「限定カード」の枠のモンスターはというと・・・ちょっと思い浮かばないです(汗

SD23-JP015は、アビス・ソルジャーとスノーマンイーターの間に登場した水属性の「限定カード」に間違いないでしょう。
結構色々と出ていますが、一番可能性が高いのはディープ・ダイバーだと思います。

そして、SD23-JP017~SD23-JP021の5枚もモンスターカードだと考えられます。
この枠には水属性の「限定カード」、もしくは水属性の「一般販売パックのカード」(いずれも海竜族以外の種族)だと考えられます。
「限定カード」では深海の怒りフィッシュボーグ-ランチャーウミノタウルスあたりが有力な候補でしょうか。この辺のカードは比較的歴史が浅いですが。
「一般販売パックのカード」ではグリズリーマザー黄泉ガエルシャーク・ザ・クルーシャーク・サッカーあたりでしょうか。
主にポセイドラへ繋げる為の展開補助に役立ちそうなカードをまとめてみました。
グリズリーマザーは魚族・海竜族・水族ではありませんが、ドラグニティのストラクチャーで、種族面ではシナジーしない風属性のリクルーターのドラゴンフライや属性面ではシナジーしないドラゴン族のリクルーターの仮面竜が再録されていた事から、再録の可能性は十分にあると思います。
この中では黄泉ガエルが特に再録されて欲しいです。
その他、水属性にシナジーのあるスター・ボーイ水の精霊 アクエリアペンギン・ナイトメアなんかもあり得るかもしれません。
海外先行登場カードでありフィールドコストによって重装兵や狙撃兵や竜騎隊の効果を使えるPiercing Morayの収録の可能性も0では無いかもしれません。

色々と名前を挙げてみましたが、果たしてこれらの中でどれだけのカードが再録されるのでしょうか!?
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
いよいよの水ストラクですが、捨てられたときに発動する海皇兵が三枚に対し、捨てるポセイドラが一枚だけとどうも釣り合わない気がします。
新規カードの枚数も確定してないし、もしかしたらまだ新規が来る可能性が…まあメガロアビスを使えということかもしれませんが。

個人的には魔法罠の再録が気になります。剛健は難しいかもしれませんが、聖槍か警告あたりがほしいですね。

長々と失礼しました。

No title

膨大な量の考察さすがです・・・。

最初からすると評判も大分良くなってきましたね。新規カードの咆哮の登場に加えて、再録枠にスノーマン、連鎖除外が入ったのも大きいです。

Vジャンの小冊子で水精鱗との組み合わせが紹介されてたことから、今回はパックとの連動が前提みたいですね。この2テーマを組み合わせた時の展開力、除去力は凄まじいです。

しかし強すぎてサルベージ制限なんてなったら・・・複雑な思いです。

No title

>椿さん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
新規カードの中ではポセイドラがどうも使い辛い気がします(汗
魔法・罠の再録(特に汎用カード枠)は予想できません…。どんなカードが再録されるのか気になります。

>樹氷さん
コメントありがとうございます。
スノーマンイーターは単体でも強力なカードなので、再録されたのは嬉しいです。
今回のストラクのカードと水精鱗との組み合わせも考えていきたいです。サルベージは水精鱗でも良いはたらきをしてくれそうですね。

No title

すごい
大体当たってる…

No title

コメントありがとうございます。
再録カードの中で、この記事で名前を挙げていなかったカードはスクリーチとペンギン・ソルジャーの2体ですね。
単体で強力なペンソルはともかく、星4で爬虫類族のスクリーチが収録されるとは思いませんでした(笑
でも考えてみればスクリーチは数少ない絶版からの再録ですね。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。