スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の龍 ブリューナク

氷結界初のシンクロモンスターである、ブリューナクについて取り上げます。
水属性、海竜族、シンクロモンスター、そして氷結界…それら全てのグループ内において抜群の存在感を放つカードです。
現在は、レベル6のシンクロモンスターの代表格的な存在となっています。


氷結界の龍 ブリューナク

氷結界の龍 ブリューナク
シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星6/水属性/海竜族/攻2300/守1400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
手札を任意の枚数墓地へ捨て、
捨てた数だけフィールド上のカードを選択して発動できる。
選択したカードを持ち主の手札に戻す。



素材指定の無いシンクロモンスターであり、手札を任意の枚数墓地へ捨て、その枚数分だけフィールド上のカードをバウンスするという起動効果を持っています。
捨てるカードの種類にも枚数にも何ら制限は無く、おまけに効果の発動回数にも制限が無いため、手札さえあれば1ターンに何度も効果を使う事ができます。
更に、バウンスするフィールド上のカードにも、カードの種類や持ち主の指定がありません。したがって、発動のしやすさに加えて、バウンスできるカードの範囲も非常に広いです。
同じようなバウンス効果持ちのモンスターに、同じ水属性のアビス・ソルジャーが存在しますが、あちらは捨てるカードの種類及び枚数、そして効果の発動回数が制限されています。なので、このカードの効果はあちらの上位互換であると言えます。

このカードのバウンス効果は、特に相手のカードの除去手段として活躍します。
「破壊」に対する耐性を持つモンスターをはじめ、場持ちの良いイメージの強いモンスターであっても、このカードのバウンス効果の前では無力だったりする事が多いです。さすがに「対象を取る効果」や「モンスター効果」そのものに耐性を持つカードに対しては無力ですが、バウンス(「手札に戻す」効果)に耐性を持つカードというのは存在しません。
複数のモンスターを並べての強力な布陣であっても、それらの内1枚でもバウンスできれば、相手の布陣を崩していく事ができます。
融合モンスター、シンクロモンスター、エクシーズモンスターといったモンスターを選択しバウンスした場合は、それらのモンスターを手札ではなくエクストラデッキに戻すことができます。
レベル6にしては攻撃力はやや低いですが、それを補って余りある程に効果が強力です。このカードによる除去から、一気に勝負を決める事ができれば問題はありません。

自分のカードを手札に戻せるのも大きな利点です。
同じ属性・レベルで更に「氷結界」に属するシンクロモンスターに、自分の場の表側表示のカードをバウンスできる効果を持つドゥローレンが存在します。
ノーコストで自分のカードをバウンスできる点ではあちらが優れますが、何度でもカードをバウンスできる点はやはり強力です。更にあちらとは違いシンクロ素材の指定も無いため、ドゥローレン以上に様々なループコンボに繋げる事が可能です。
このカードを使ったループコンボは非常に多彩かつ強力であり、間違いなくこのカードの制限化の一因となっています。また、早すぎた埋葬生還の宝札といった、最終的にこのカードによるループコンボの為に禁止になったと言っても過言では無いようなカードも存在します。

自身が所属するカテゴリである「氷結界」との関連についても見てみましょう。
自分の場に複数の氷結界を展開する事によって効果を発揮するモンスターが多い【氷結界】にとっては、強力な除去能力を持つこのカードは天敵であると言えます。ただし、自分の場の氷結界を効果モンスターの効果の対象にする事はできなくする効果を持つ御庭番を並べれば、ブリューナクの効果から自分の氷結界を守ることができます。
【氷結界】でこのカードをシンクロ召喚する場合には、主に「レベル2チューナー+レベル4」または「レベル3のチューナー+レベル3」という組み合わせで出す事になるでしょう。
【氷結界】は下級に除去能力が不足しがちなので、このカードは除去要員として非常に重宝します。それを差し引いても、遊戯王OCGの中でも屈指の除去能力を持つこのカードをカテゴリの一員として使える意義は非常に大きいです。
守護陣術者と並ぶことで攻撃をロック、破術師と並ぶことで魔法カードの発動を制限する事ができます。また、大僧正と並べば魔法・罠の効果で破壊されなくなり、御庭番と並べば相手のモンスター効果の対象にされなくなります。
伝道師ガンターラの効果で完全蘇生できるのも大きな利点です。
手札コストもサルベージで補うことができます。

ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」で登場したカード達とも相性が良いです。
このカードの効果の発動時に、「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」を持つ海皇の下級モンスターを墓地へ捨てる事で、それらの効果を使用できるのです。
重装兵狙撃兵を捨てれば、1枚のコストで2枚のカードを除去する事も可能です。竜騎隊を捨てて海竜族をサーチし、更にその海竜族を捨てるという事もできるので、竜騎隊を実質2枚分の手札コストと見なす事ができます。
ここに来てようやく、ブリューナクが水属性である事に利点が生まれたと言えます。
また、このカード自身も海皇のモンスター達と同じ海竜族であるため、一族の結束群雄割拠を組み込んだ種族統一デッキで共存する事も十分に可能です。

あまりにも汎用性が高く、かつ強力なカードであり、間違いなく『「氷結界」はシンクロだけが強い』と言われるようになってしまった最大の要因です。
一番最初に登場したこのカード以降、氷結界のモンスターがどうもパッとしなかったのは、製作者が「氷結界」とこのカードとの結びつきを恐れた故だったのでしょうか。
それとも、『「氷結界」には強力なブリューナクがいるから後は適当でいいや』という風な考えだったのか…。

最近の改訂はシンクロやループコンボへの風当たりが強い傾向にある中、その両方の要素に深く関わるこのカードは、今のところ制限カードに留まっています。
この傾向から、このカードは「いつ禁止になってもおかしくないだろう」と言われたりしますが、果たして今後どうなる事やら…。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。