スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシュボーグ-プランター

今回紹介するカードは、フィッシュボーグ-プランターです。
ガンナーランチャーに続く3体目の「フィッシュボーグ」です。


フィッシュボーグ-プランター

フィッシュボーグ-プランター
効果モンスター
星2/水属性/魚族/攻 200/守 200
このカードが墓地に存在する限り1度だけ発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送る。
墓地へ送ったカードが水属性モンスターだった場合、
さらにこのカードを墓地から特殊召喚する。
「フィッシュボーグ-プランター」の効果は
1ターンに1度しか使用できない。



自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、墓地へ送ったカードが水属性モンスターだった場合、このカードを墓地から特殊召喚する効果を持っています。
墓地から自身を蘇生できる効果を持つ点は他のフィッシュボーグと共通しています。
ただし、他の2体は条件さえ満たせば蘇生できたのに対し、このカードの蘇生は不安定です。
ディープ・ダイバーラヴァルバル・チェインの様なデッキトップ操作効果を持つカードによって、デッキトップにあらかじめ水属性モンスターを置いておきたいところです。
ちなみに、私はデッキトップを操作せずにこのカードの効果を使った場合、失敗してばかりでした(笑
デッキトップから墓地へ送ったカードが水属性モンスターでは無かった場合でも、蘇生する事はできませんが、墓地を肥やすことはできます。
しかし、「墓地肥やし」と「モンスターの展開」の両方を行えることを考えれば、やはり蘇生は成功させたいものです。
蘇生させたこのカードは、アドバンス召喚のリリースやシンクロ・エクシーズの素材、フィッシャーチャージ等の発動コストにするなど、様々な使い方ができます。

このカードの効果には、「墓地に存在する限り1度だけ発動できる」「1ターンに1度しか使用できない」という二重の制約があります。
後に挙げたのと同じような制約を持つモンスターはいくつか存在しますが、先に挙げたような制約を持つモンスターはあまり存在しないので、見落とさないように気をつけたいです。
これらの二重の制約があるので、うかつに効果を発動させない方が良いでしょう。
もし蘇生に失敗してしまった場合は、浮上で蘇生する等して一旦墓地から離れさせれば、再び墓地に行った場合にまた効果の発動を狙えるようになります。

このカードは「フィッシュボーグ」と名のついた魚族のモンスターであるものの、中に魚ではなくタガメの様な生き物が入っていたランチャー以上に、魚族の要素が見当たりません
イラストでは植物が植えられた水槽のような姿であり、名前も「プランター」となっています。にも関わらず、植物族ではなく魚族です。
このカードの蘇生効果は、グローアップ・バルブの効果の調整版のような感じの効果であり、「プランター」という名前からも、あちらを意識しているのでしょう(グローアップ・バルブは植物族)。
また、球体状の物体から触手が生えた姿は、何処となくメンタルマスターを彷彿とさせます。
ただ、現在禁止カードであるこれら2体並びにフィッシュボーグ-ガンナーがレベル1のチューナーであるのに対し、このカードはレベル2の非チューナーです。蘇生効果に加えて、レベル1のチューナーであるというお手軽さも、これら3体が禁止になった大きな要因だったのだと感じさせてくれます。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

少し前にニコニコ動画で見かけたデッキで、
これと天変地異、リチュア・ディバイナー、浮上、
ポセイドラ、デーモンの宣告、堕落などで
1ターンに大量展開するデッキがありました。
そのデッキの肝は天変地異とディバイナーでしたが、
このカードの成功率ももちろん100%だったので、
やはり使いこなせば優秀なカードだと思いました。
本来の水属性デッキとは少し違いますが、
天変リチュアだと使いやすいと思います。

No title

コメントありがとうございます。
挙げられているカードが堕落以外全て入っているデッキと戦った事がありますが、かなり厄介な相手でした。
このカードのおかげでやたらとポセイドラが出てきて攻撃力が下げられたりして散々でした(笑
このカードもポセイドラも、使いこなせば結構強いと実感しました。

シンクロリチュア・シーラカンスデッキ・雲魔物デッキを組んでいたので、フィッシュボーグーガンナーには帰ってきて欲しいなぁ…とザルトムさんの2年程前のガンナーの紹介記事を見て思いました(笑)


ランチャーだって召喚先が少なすぎですし、シンクロも下火だしせめて制限くらいには戻して欲しいものです…

No title

コメントありがとうございます。
2年前の記事を読んでいただけて光栄です。
リチュアにシーラカンスデッキに雲魔物・・・どれもガンナーの禁止の影響を強く受けたデッキですね(汗
ガンナーは今帰ってくると【海皇水精鱗】で活躍しそうですね。禁止カードが1枚使えるという「禁止カード1枚追加デュエル」のルールで試してみたいものです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。