スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド・ドラゴン

今日取り上げるカードはレッド・ドラゴンです。
第2期に登場した、ドラゴン族の通常モンスターです。


レッド・ドラゴン

レッド・ドラゴン
通常モンスター
星6/炎属性/ドラゴン族/攻1700/守1900
ファイヤーボールをはき辺りを火の海にする、真っ赤なドラゴン。



見ての通り、第1期に登場した下級通常モンスターのタイホーンの色違いモンスターです。
しかし、タイホーンが鳥獣族であるのに対し、こちらはドラゴン族です。しかし、外見はとてもドラゴンには見えません(笑 (タイホーンもタイホーンで、鳥獣っぽいかと言われると微妙なところですが)
また、タイホーンが下級であるのに対し、こちらはレベル6の上級モンスターです。

ドラゴン族・通常モンスターという事で、サポート手段は豊富です。
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンの効果で手札または墓地から特殊召喚できるのはもちろんの事、他にも竜魔人 キングドラグーンの効果で手札から、思い出のブランコ正統なる血統竜の転生、ダイガスタ・エメラルや竜魔人 クィーンドラグーンの効果で墓地から特殊召喚する事ができます。
レベル6の通常モンスターという点から、召喚師のスキルでサーチしたり、古のルールで手札から特殊召喚する事もできます。
闇の量産工場で墓地から回収する事もできます。

しかし、このカードのステータスは非常に低いです。
攻撃力はわずか1700であり、今の環境では下級モンスターにすら簡単に戦闘破壊されてしまいます。
守備力は攻撃力よりも高く、その値は1900です。これも下級の壁モンスターと変わりない数値であり、リリース1体を必要とするレベル6の上級モンスターである事を考えると、とても釣り合っていません。

さて、そんなこのカードですが、最近注目を集めている様です。
というのも、このカードは聖刻の効果で手札・デッキ・墓地からリクルートできる唯一のレベル6・炎属性・ドラゴン族の通常モンスターなのです。
なので、聖刻龍-トフェニドラゴンをリリースしてレベル6の炎属性モンスターをアドバンス召喚し、トフェニドラゴンの効果でこのカードを特殊召喚する事で、陽炎獣 バジリコックのエクシーズ召喚に繋げる事ができるのです!
もちろん、聖刻龍王-アトゥムスなど他のランク6エクシーズを出す事も可能です。

余談ですが、フレイバーテキストには「ファイヤーボール」をはくと書かれている。
似た名前のカードとして、ファイヤー・ボールという魔法カードが存在しています。
しかしその効果は、相手ライフに500ポイントダメージを与えるだけというあまりにも貧弱なものです(笑
その火力たるや、似た名前(?)のドラゴン族通常モンスターである真紅眼の黒竜(レッドアイズ・ブラックドラゴン)の技である黒炎弾の三分の一程です(あちらには攻撃ができなくなるデメリットがありますが)。

また、このカードの名前は、直訳すると「赤き竜」となります。
赤き竜といえば、遊戯王5D'sのストーリーの鍵を握る存在でした。
そこから、このカードをシグナーの竜たちのシンクロ素材にしてみるのも面白いでしょう。
レベル1のチューナーとシンクロする事で、ブラック・ローズ・ドラゴンやエンシェント・フェアリー・ドラゴンを出す事ができ、 レベル2のチューナーとシンクロ召喚すれば、スターダスト・ドラゴンやレッド・デーモンズ・ドラゴンやブラックフェザー・ドラゴンを出す事ができます。
レベル1のチューナーとこのカードとでパワー・ツール・ドラゴンを出し、そこからもう1体レベル1チューナーを用意できればライフ・ストリーム・ドラゴンを出す事もできます。
レベル1や2のチューナーには、このカードといくつかのサポートを共有できるものが存在するのもポイントです。特にレベル2チューナーのドレッド・ドラゴンは、属性・種族がこのカードと同じである上に名前も似ています(笑
もっとも、このカードの英語名は「Tyhone #2」(訳すると「タイホーン2号」)なのですが。

私は以前、上記のネタからこのカードを中心としたデッキを組もうとした時期がありました(笑
その時、このカードを2枚しか所持していなかった為、3枚目を探しに行ったものです。
ストレージが比較的整えられていて見やすい1店目で見つからずに途方に暮れていたところ、ストレージが乱雑に置かれた2店目で、ストレージの先頭に置かれているのを発見した時には、運命を感じました(笑
この時はまだ聖刻も出ていなかった時期でしたが、当時はまさか後になって注目されるカードになるとは思ってもいませんでした・・・!
自分が前から(どんな形であれ)注目していたマイナーカードが、カードプールの増加によって日の目を浴びるというのは、嬉しいような寂しいような不思議な感覚です。

東映版映画での真紅眼よろしく、このカードもまた、可能性をもたらす「赤き竜」なのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

シグナー竜の始祖たる赤き竜の攻撃力が1700…封印するハズの地縛神に逆に捻り潰されますね(汗)
マイナーカードである初期バニラは兎等の登場で見直されつつありますが、所詮フィールド上に存在しない扱いとなるエクシーズ素材にすぐ変わってしまうのが悲しい所です。
バニラを他の召喚方法の足掛かりとせずに、バニラ自体で戦えるようになって初めて「通常モンスターの救済」と呼べる気がします。
おそらくそんな事が可能になる時期は来ないでしょうけど…

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
カードプールの増加によって見直されたりする昔のカードですが、その使い道のほとんどがなんらかの素材ですね(汗
このカードも、赤き竜にしてはあまりにも頼りがないです(笑
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。