スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水精鱗-リードアビス

今回紹介するのは水精鱗-リードアビスです。
メガロアビスに続く2体目の、レベル7の水精鱗のモンスターです。


水精鱗-リードアビス

水精鱗-リードアビス
効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻2700/守1000
自分のメインフェイズ時、
手札からこのカード以外の水属性モンスター3体を墓地へ捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地から「アビス」と名のついた魔法・罠カードを1枚選択して手札に加える事ができる。
また、このカード以外の自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する
「水精鱗」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、
相手の手札をランダムに1枚墓地へ送る。
「水精鱗-リードアビス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。



前弾のメガロアビスと同じくスーパーレア枠の水精鱗です。
レベル7・水属性・海竜族というステータスも一致しており、効果も類似しています。
また、スケールの大きい古代魚をモチーフにしている点も共通しています。

メガロアビスの効果と比較すると、

・手札から自身以外の水属性2体を墓地へ捨てて手札から特殊召喚できるメガロアビスに対し、こちらは手札から自身以外の水属性3体を墓地へ捨てて手札から特殊召喚できる
・自身の効果での特殊召喚に成功した時に、メガロアビスは自分のデッキから「アビス」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができるのに対し、このカードは自分の墓地から「アビス」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる
・自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する水属性モンスター1体をリリースする事で2回攻撃できるようになるメガロアビスに対し、このカードは自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する水精鱗モンスター1体をリリースする事でハンデスを行える

という違いがあります。

特に、特殊召喚の為のコスト枚数の多さとリリースコストが表側表示の水精鱗に限定されている事から、全体的にメガロアビスよりも使い辛い印象を受けます。
自身の特殊召喚する時のコストに、海皇などの墓地へ捨てられる事で効果を発動するモンスターを墓地へ捨てる事ができれば、爆発力ではメガロアビスを上回る事ができますが、ただでさえ水属性3体を手札に確保するのは困難なのに、3体全てを海皇の様なカードで揃えるなど至難の業です。
いずれにせよ、このカードも合わせて計4枚もの手札を消費してしまうのが非常に辛いです。特殊召喚を無効にされたり、除去されたりすると目も当てられません・・・。
墓地の「アビス」と名のついた魔法・罠1枚を回収できる効果を持っていますが、発動できる機会自体が稀でしょう。

このカードは、メインデッキに入る水精鱗の中で一番高い攻撃力を持っています。
なので、アタッカーとして活躍できます。
特に、メガロアビスでは対処できない攻撃力2500ラインのモンスターに単体で殴り勝てるのは魅力的です。
自身の効果での特殊召喚を狙うよりは、アビスリンデの効果でリクルートしたり、アビスグンデやアビストリーテの効果で蘇生したり、アビスヒルデの効果で手札から特殊召喚したりと、他の水精鱗の効果で場に出すと良いでしょう。

重くて使い辛いイメージが強いカードですが、1枚入れておけばアタッカーとして活躍するかもしれません。
ただ、手札に来ると困るので、手札や墓地から特殊召喚できる手段も一緒に用意してきたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【水精鱗−リードアビス】

今回紹介するのは水精鱗−リードアビスです。メガロアビスに続く2体目の、レベル7の水精鱗のモンスター

コメントの投稿

非公開コメント

水属性スレをちょくちょく確認していますが、CBLZ新規の水精鱗はバハシャ用のトリーテがピンで入るくらいで他の新規は入らない…なんて話をよく見ます。
やはり特殊召喚時の手札消費の激しさによって採用が見送られているようです。
水精鱗は打点が低めであり高打点モンスターは除去して攻める事が多いでしょうから、高めの攻撃力を持つリードはピンでも頼りになるんですけどね。
次のパックに水精鱗が入る可能性は低いですが、優良カードが後数枚欲しい…ってもしそうなったら確実に水精鱗に属さないカード(海皇とかディーヴァ)が規制されそうです(汗)

No title

コメントありがとうございます。
CBLZの新規はトリーテ以外入らないという意見は確かによく見受けられますね。
おかげで思ったよりも安くリードアビスを買うことができました(笑
それでも高打点はやはり魅力なので、今は1枚入れておこうと思います。リードアビスは入れるならピンという声もよく聞きます。
ただ、手札に来ると困るので、アビスグンデ等も一緒に採用したいですね。
水精鱗については、今後の展開も気になります。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。