スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A・O・J カタストル

今回紹介するのはA・O・J カタストルです。
ブリューナクと同じく、シンクロの黎明期であるDT1弾で登場したシンクロモンスターです。


A・O・J カタストル

A・O・J カタストル
シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻2200/守1200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが闇属性以外のフィールド上に表側表示で存在する
モンスターと戦闘を行う場合、
ダメージ計算を行わずそのモンスターを破壊する。



素材指定の無いレベル5のシンクロモンスター。
現在の環境ではエクシーズモンスターが猛威を振るっていますが、そんな中でもこのカードはシンクロモンスターではトップクラスの採用率を誇っています。
ブリューナク亡き今、レベル5シンクロはもちろんの事、全シンクロモンスターの中での代表格の1体とも言えるでしょう。

このカードの効果は、闇属性以外のフィールド上に表側表示で存在するモンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算を行わずそのモンスターを破壊するという強力なものです。
つまり、闇属性以外のモンスターなら問答無用で破壊できるのです。高攻撃力の究極竜騎士も、神のカードのオベリスクの巨神兵も、このカードの前には無力です。
更にこの破壊効果は対象を取る効果ではなく、戦闘を介するものの、戦闘による破壊ではなく効果による破壊です。
したがって、対象を取る効果や戦闘破壊に耐性を持ったモンスターでも、闇属性以外ならば破壊する事ができます。
その対応範囲は極めて広く、レベル5のシンクロを行えるデッキならばほぼ確実に採用されるというのも頷けます。

効果の強力さに加えて、シンクロ召喚しやすいのもポイントです。
ジャンク・シンクロンを通常召喚し、その効果でレベル2の非チューナーを釣り上げればシンクロ素材を揃えられます。
水属性では、深海のディーヴァを通常召喚して、その効果でレベル3の海竜族をリクルートすればシンクロできます。同じ組み合わせでシンクロできるモンスターには、ディーヴァと同じ属性・種族の神海竜ギシルノドンも存在しますが、このカードの方が大きく優先されるのが現状です…。
ギシルノドンはカタストルよりも元々の攻撃力は高いですが、ギシルノドンで戦闘破壊できてカタストルでは戦闘破壊できない範囲よりも、ギシルノドンで戦闘破壊できずにカタストルで破壊できる範囲の方が遥かに広いです。
ギシルノドンには攻撃力が上昇する効果がありますが、それでもカタストルの範囲の広さには敵いません。
また、エクシーズの普及によって攻撃力上昇効果自体が発動し難くなった事も、ギシルノドンにとっては向かい風となっています。

一方でこのカードは、エクシーズモンスターに対しても強い影響力を及ぼします。
というのも、素材指定無しでレベル4×2で出せるランク4のエクシーズモンスターは今まで色々と登場してきましたが、未だにカタストルを一方的に殴り倒せるものは存在しません
クィーンドラグーンで相討ち、マエストロークが効果を使って初めて殴り倒せる程度です。
流石にレベル4×3や、素材指定のあるランク4には、このカードを殴り倒せるものも存在しますが…。
ランク3以下となると、殴り倒すのはおろか、除去効果で倒すのすらもままなりません。
ゼンマインの効果で破壊しようにも、カタストルと戦闘を行いエクシーズ素材を身代わりにする場合には、効果破壊の分と戦闘破壊の分とで、1度に2つものエクシーズ素材を消費してしまいます。更にそこからゼンマインを維持しなければなりません。もちろん、素材が1つの状態で殴られればアウトです。
非常に場持ちの良いシャイニート・マジシャンも、このカードの前には無力です…。
ブラック・ミストは、効果を使えばこのカードを殴り倒せます。

このカードは当然、水属性のデッキにとっても大きな脅威となります。
【氷結界】で相手にする場合は、守護陣や術者の効果で攻撃を封じた上で、シンクロモンスターの効果等によって除去したいところです。
【水属性】で御前試合を使う(もしくは相手に使われた)場合には、特にこのカードに注意しなければなりません。
水属性には除去効果持ちのエクシーズモンスターが存在しないため、極端な話、チューナーも海皇も入っていないデッキならばそれだけで詰みかねません
水属性のエクシーズモンスターには高攻撃力のものが多いですが、やはりこのカードの前には無力です。
スノーダスト・ジャイアントシャーク・ドレイク・バイスの効果で攻撃力を下げても、焼け石に水でしかありません。戦闘破壊をトリガーに発動する効果を持つメロウガイストシャーク・ドレイクなどもはや論外です。
対抗でき得るのは、攻撃をロックできる上に効果を無効にもできるガイオアビスや、効果を無効にして攻撃力を上昇させる事ではじめて殴り倒せるようになるシルフィーネ位です。
もっとも、御前試合抜きにしても、チューナーや海皇がデッキに入っていても、対抗し辛い事には変わりありません…。
なので、アビス・ソルジャースノーマンイーターといった除去効果を持つ水属性モンスターや、地砕き強制脱出装置の様な小回りの利く汎用除去カードを投入するといいでしょう。

エクシーズを主体とするシャークのデッキにとっても、やはり難敵と言わざるを得ません。
幸いシャークの使用カードの中には、このカードの効果を受けない闇属性のものも存在し、スカル・クラーケンブラック・レイ・ランサー、シャーク・フォートレスの3体がこれに該当します。
ただし、この中で単体でこのカードを殴り倒せるのはシャーク・フォートレスだけです。
ブラック・レイ・ランサーで効果を無効にした上で他のモンスターで殴り倒すという事もできます。また、ハリマンボウを素材にして墓地へ送り、カタストルの攻撃力を下げれば、そのままブラック・レイ・ランサーで殴り倒す事も可能です。

このカードはA・O・Jに属するモンスターの1体でもあります。
しかし、A・O・Jだけではサイクルリーダーアンリミッター位しか出せる組み合わせがありません。
A・O・Jに関するサポートを受けようにも、アンリミッターによる攻撃力倍増やサンダー・アーマーによる貫通効果の付与は、共にこのカードへの恩恵が薄く、闇属性のモンスターを相手にする時位にしか役に立ちません
このカードはシンクロ黎明期から現在に至るまで使われ続けていますが、自身が属するA・O・J自体はテーマデッキとしては貧弱です。また、前述の様にこのカードとA・O・Jとのシナジーも薄いです。
DT1弾で真っ先に登場したシンクロモンスターに全てを持って行かれたという点は、氷結界と共通していると思います。氷結界もよく「シンクロが強いだけでシナジーは皆無」と言われ続けたものです。
したがって、A・O・Jの境遇には同情します…。

長い間シンクロを影で支え続けているこのカード。
水属性をよく使っている身としては、このカードにやられた回数は計り知れません(笑
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

聖衣が流行って対応力は少し落ちましたが、まだまだ破壊能力は強く出しやすいのでチューナーを入れたデッキには結構入れたままです。

が肝心の【A・O・J】ではシンクロ召喚した記憶が……
そもそもA・O・Jで組む上で一番意義のあるアンリミッターをわざわざ素材にしないと出せないという、ストーリー上はあっていてもOCGではキツい条件により出す機械が、じゃなくて機会がない状態です。
元々ブラックボンバーでレベル7を出すのが得意なのに、5、8、9と出しにくいレベルばっかりで実質A・O・Jで無理なく出せるのはディサイシブ(とマジカル採用時のライトゲイザー)くらい。
DTでサイクロン・クリエイターとA・ボムが必ず収録されるので、出しにくいという認識があちらにもあるはずなんですけどね。

サンダー・アーマーがいれば裏側守備への貫通も活かせますが、共存するのがキツイ上にそういう時にばっかりライコウ。
トラクター来てもカタストルをA・O・Jで活かすのは無理そうです。


そういえばDTでカードキー無しで始めから進めてみました。
ランダムエンカウントでは全部の氷結界を回りましたが、術者やブリザードにあたって敗戦と再戦のセリフをとったくらいで新たなモンスターはいませんでしたね。
4弾までのモンスターから主に出ているので、魔酔虫なんて出すより風水師や大僧正出せよ……と思わずにはいられません。
そして毎回左右に出てくる水影と輸送部隊のチョイスは一体……

No title

コメントありがとうございます。
聖衣でカタストルの破壊効果に対策を打てるのは、聖槍には無い利点ですね。
A・O・Jはレベル7シンクロがいないのが特に辛いと感じました。まるで嫌がらせのように7が抜けていますね…。
アンリミッターは使い終わった後でならアイアンコールで遠慮なく素材にできるのではないでしょうか。

DT NEXTは最近はすっかりやってないです(笑 ストーリーモードで新しく出るモンスターはいないのは残念です。

AOJと初期氷結界は「縛り無しの所属エクシーズが強力」「下級モンスターに纏まりが無い(光属性を見て自壊する神経過敏モンスター/モンスターカードゾーンを封じた!←だからどうした?)」「魔法・罠カードのテーマサポートが非力」…と似通ってますからね(汗)
氷結界はその後から専用サーチに擬似死者蘇生etc.が加わり、初期氷結界を馬鹿にしていたデッキに逆襲出来る程に強くなったんですが……AOJの扱いはホントに悪いですね。


カタストルはそんなAOJの中ではカードパワーが飛び抜けてますね…初期シンクロはホントに自重という言葉を知らないみたいです(笑)
ザルトムさんのおっしゃるように水属性デッキでは対策にとても困ります。トリシュといいコレといい、「対象をとらない」せいで御庭番が泣いてますよ…。氷結界ならば、守護陣ロックで止めた後に除去すれば良いのでさして困りませんが、シャークデッキではカタストルと戦う時ほど、ハリマンボウの有り難みを再確認する時は無いですね(笑)他の水属性デッキで汎用シンクロを除くと、アトランティスはコダロス、海皇は重装兵、リチュアはソウルオーガ…などを除去手段として使う事になるでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。
氷結界は通常パックのサポートで強化されましたが、AOJはモンスター1枚しか登場しておらず、扱いが悪いですね…。
闇属性・機械族とサポート手段が豊富の属性・種族ではあるのですが、AOJで固めて組む意義が薄いのが悩みどころです。

シャークデッキを使っているとカタストルには頻繁に苦しめられます。出くわす度に、対策になるカードを多めに入れておけばよかったと思います(笑
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。