スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀑征竜-タイダル

今回紹介するカードは瀑征竜-タイダルです。
LTGYのスーパーレア枠で登場した、水属性の「征竜」です。


瀑征竜-タイダル

瀑征竜-タイダル
効果モンスター
星7/水属性/ドラゴン族/攻2600/守2000
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族
または水属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと水属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
このカードが除外された場合、
デッキからドラゴン族・水属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「瀑征竜-タイダル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。



4つの効果を持った、水属性・ドラゴン族の最上級モンスターです。
ただしこのカードの効果は、1ターンに1度、どれか1つしか使用できません
また、4つの効果の内、1つ目から3つ目の効果は他の征竜と共通しており、「水属性」の部分が他の征竜ではそれぞれの属性を指定するようになっています。
3つ目の効果についても、自身と各属性のモンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で発動する点が共通しています。

1つ目の効果は、自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または水属性のモンスターを合計2体除外し、このカードを手札・墓地から特殊召喚するというものです。
手札・墓地の2か所から特殊召喚できる上に、除外コストにも手札・墓地のカードを計2枚選ぶ事ができるので、水属性やドラゴン族がメインのデッキであれば、最上級でありながら随分と出しやすいです。
コストは2枚除外とやや重いものの、コストさえ確保できれば何回でも蘇るアタッカーとして運用する事ができます。
特にこのカードは打点が2600と、上級の征竜の中でも2番目に高い数値です!
比較的容易に展開できるモンスターでありながら、攻撃力2500クラスのアタッカーを一方的に殴り倒せるのは強力です。
特に、通常モンスターやエクシーズモンスターの打点には恵まれているものの効果モンスターの打点にはあまり恵まれていなかった水属性にとって、この出しやすさと高打点は有難いです。

2つ目の効果は、特殊召喚されたこのカードは、相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻るというものです。自身の効果はもちろんの事、それ以外の方法で特殊召喚した場合も手札に戻ります。
この効果の為に、高攻撃力ながらフィールド上に維持するのは難しいものの、手札に戻れば、再び1つ目の特殊召喚効果や後述の墓地肥やし効果の発動を狙う事ができます。

3つ目の効果は、このカードと水属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、デッキからモンスター1体を墓地へ送るというものです。
モンスターなら何でもデッキから墓地へ落とせる墓地肥やし効果であり、水属性のデッキにとっては、スクリーチジェネクス・ウンディーネ絶海の騎士などに次ぐ新たな墓地肥やし手段の候補となるでしょう。
このカードによる墓地肥やしの利点は、何と言ってもフィールドに出す必要が無い点です。召喚権を使う必要も無いため、墓地肥やしの速度はジェネクス・ウンディーネを上回るでしょう。水属性以外のモンスターも墓地へ落とせる点も評価できます。
更にこの時、手札コストとして海皇のモンスターを捨てれば、それらが持つ「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」を使用する事ができます!これにより、墓地肥やしに加えて更にアドバンテージを稼ぐ事ができます。
また、墓地に行ったこのカードは、次のターン以降に自身の効果で特殊召喚する事もできます。

4つ目の効果は、このカードが除外された場合、デッキからドラゴン族・水属性モンスター1体を手札に加える事ができるというものです。
1つ目の効果のコストは水属性またはドラゴン族を指定していたのに対し、こちらのサーチ対象は水属性かつドラゴン族のモンスターなので、間違えないように気を付けたいです。
また、上記の様に「瀑征竜-タイダル」の効果は1ターンに1度しか使用できないという仕様上、タイダルの1つ目の効果の発動コストとして別のタイダルを除外した場合には、除外されたタイダルのサーチ効果を発動させる事はできません。
この効果は何処から除外された場合でも発動できるのが利点です。
一方で、このサーチ効果の最大の悩みは、サーチ対象が少ないという点に他なりません。「水属性・ドラゴン族」という組み合わせは、ドラゴン族の中では最も数が少ないのです。
同名カードもサーチする事ができますが、それ以外の層はあまりにも薄いです。
目ぼしいものといえば、ロック効果を持つ下級アタッカーのブリザード・ドラゴン、このカードと同じく海皇とシナジーがあり展開も比較的容易なドラゴン・アイスあたりでしょうか。
同じく海皇とシナジーを持ち、特殊召喚コストとして墓地のこのカードを除外できる氷炎の双竜もいますが、墓地に炎属性モンスターを要する事や、このカードとの除外コストの兼ね合いから、事故要因になる事もあり得ます…。

このカードは水属性のデッキで幅広い活躍を見せてくれる事でしょう。
【水精鱗】など、レベル7モンスターを主力とする水属性デッキでは、他のレベル7と並べる事でランク7のエクシーズ召喚を狙う事ができます。この場合水属性という事からガイオアビスをエクシーズする事もできます。
【水属性フルモンスター】においては、特殊召喚のためのコストを確保するのが非常に容易であり、黄泉ガエルフィッシュボーグ-プランター等を駆使してポセイドラも出せるようにしておけば、魔法・罠を除去しつつレベル7モンスターを2体並べる事ができます。
除外コストを、除外海産物のカードと組み合わせるのも面白いかもしれません。ギョッ!フィッシュアンドキックスの発動トリガーを満たしやすくなります。
他にも除外した海産物をフィッシュアンドバックスで回収したり、シー・ランサーの効果で装備し再利用するといった運用もできます。

新たに登場した水属性・ドラゴン族の最上級モンスター。
水属性のデッキにおいても採用の余地があると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この前の日曜に公認大会で征竜と海皇を混ぜたデッキで挑んだらベスト4までいけました。
ディーバ&トライドンからのポセイドラと、タイダルでランク7を出せたりと瀑征竜タイダルにはお世話になりました
また下級のストリームも守備が高くて優秀でしたね。

とにかく征竜の中では弱いと思われてることが多いせいかショップでは結構安いですが、持っているポテンシャルと海皇(+ドラゴン・アイス)との相性は水属性モンスターの中でも最高だと感じます。
あとはアビスグンデとの相性も最高ですね。捨てて発動なので手札にグンデとタイダルがあれば、タイダルのおろ埋コストにグンデを使用して墓地に上級水精鱗を落とし→グンデで蘇生!の流れが綺麗に決まります

No title

コメントありがとうございます。
タイダルは海皇のデッキと相性が良さそうですね。ベスト4おめでとうございます。
タイダルは確かに征竜の中では安いですが、それでも気軽に買えるような値段では無かったです。
ちょっと前に見た時よりもどの店でも値上がりしていて辛いです。どうにか1000円で1枚買えましたが…(記事の写真のカードがそれです)。
これから値段がどうなるのかは読めないですが、もっと確保したいです。

最近はパックを買わずにプロモかエクシーズしか買わないという下火にあったので今回は征竜関係狙いで1つの店で30パック買いました。
結果はスー以上が全く当たらず、発売日で箱は完売しており、店側がサーチして余ったパックを買わされたと思いかなり落ち込みました。

ただ、次の週に他の店でアクアマドール初期(劇場版限定ノーマル)をストレージで見つけるといったかなり珍しい体験のおかげでモチベーションを回復出来ました。
属性、種族、イラストどれもお気に入りの一枚なので大事にしたいと思います。

No title

コメントありがとございます。
私はプロモ重視でタキオンを買ったせいで、全然光物が当たりませんでした(汗
タイダルは地道に集める事にします…。

初期のノーマルのアクア・マドールとは・・・あまり聞かないですが、レートはどれ位なんでしょう。

今でも初期のノーマルで4桁はしてたはずです。
(ノーマルの通常モンスターで考えると破格ですね)
そもそも発行枚数が3000枚とかいう噂のカードですから供給が少なすぎてレートが定まりにくいかと。
おそらく水属性で1番最初に登場して高価になった1枚ですね。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。