スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇のデッキ破壊ウイルス

今回は久々に、【氷結界】にとって天敵となり得るカードを紹介します。


闇のデッキ破壊ウイルス

闇のデッキ破壊ウイルス
通常罠
自分フィールド上に存在する攻撃力2500以上の闇属性モンスター1体をリリースし、
魔法カードまたは罠カードのどちらかの種類を宣言して発動する。
相手フィールド上に存在する魔法・罠カード、相手の手札、相手のターンで数えて
3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、宣言した種類のカードを破壊する。



「ウイルス」シリーズの1つである罠カードの闇のデッキ破壊ウイルスです。
闇属性専用のサポートであり、魔法・罠を破壊する効果とピーピング効果を持っています。

発動には攻撃力2500以上の闇属性をリリースする必要がありますが、【暗黒界】におけるグラファや【ヴェルズ】におけるオピオンなど、闇属性のデッキの切り札には、比較的容易に出せる上にこのカードのコストにできるモンスターは多いです。
また、低攻撃力の闇属性モンスター攻撃力を強化して、リリースコストにする事もできます。暗黒界の門の発動下ならば元々の攻撃力が2200以上の闇属性・悪魔族モンスターを、ダークゾーンの発動下ならば攻撃力2000以上の闇属性をリリースできるようになります。
【炎星】などの獣戦士族のデッキならば、炎舞の発動下でブルー・セイリオスをリリースする事ができます。また、この点は同カードの値段跳ね上がる一因となっています(汗

魔法カードによって多大なアドバンテージを得ることができるようになった【魔導】に対するメタとして注目されたカードで、現在はメインから投入されているという話をよく聞きます。
このカードは、モンスターだけでは貧弱で、どうしても魔法・罠に頼らざるを得ない【氷結界】にとっても、強烈に刺さります
特に、魔導と同じく魔法カードを指定されると壊滅状態に陥ってしまいます・・・。
【氷結界】は、専用サポートの紋章三方陣をはじめ、浮上サルベージなど、その戦術や展開を魔法カードに依存している部分が非常に多いです。そんな中で魔法を封じられてしまうと、本当にどうしようもありません・・・。
氷結界には、封魔団の様に魔法カードに対して対抗できるカードはいるものの、罠カードに影響を及ぼすカードは、その発動回数を制限する交霊師位しか存在しません。
舞姫の効果でバウンスしようにも、このカードはフリーチェーンの罠カードなので、確実に発動されてしまうでしょう。
防ぐ手段がかなり限られてくる点も、このカードの強さの一因なのです。

効果は、攻撃力2500以下の闇属性を1体をリリースして魔法または罠カードのどちらかの種類を宣言し、こちらの場に存在する魔法・罠カード、こちらの手札、そしてこちらのターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、宣言した種類のカードを破壊するという極めて凶悪なものです。
3ターンもの間、指定された種類のカードが封じられたも同然となってしまいます。
また、このカードとリリース要員を複数枚確保する事で重ね掛けを行う事ができ、魔法と罠の両方を封じられてしまう事もあり得ます。

このカードによる恐怖は、魔法や罠を封じられる事に留まりません。
ピーピングによってこちらの手札や伏せカードが全て筒抜けになってしまうため、対策を取られやすくなってしまいます。
それだけでなく、手札のカードをピーピングしてからマインドクラッシュによって確実にハンデスを行うという強力なコンボも存在します。マインドクラッシュは今回の改訂で無制限になった事も、このコンボの強力さに拍車を掛けています。
また、このカードでリリースできるモンスターは全て、魔のデッキ破壊ウイルスでもリリースする事ができます。そのため、このカードと魔のデッキ破壊ウイルスを重ね掛けされ、こちらの魔法や罠だけでなくモンスターまでもがズタズタにされてしまうという事も考えられます。

このカードと同じ「ウイルス」カードである死のデッキ破壊ウイルスは、現在禁止カードに指定されています。
一方、このカードや魔のデッキ破壊ウイルスは、現在無制限です。
死のデッキ破壊ウイルスが禁止になった理由としては、他の2枚と比べてリリースコストの確保が容易な点や、魔のデッキ破壊ウイルスよりも落とせるモンスターの範囲が広い点が挙げられるでしょう。
ただ、いずれも「相手のカードをピーピングし、特定のカードを破壊する」という点では共通しており、リリースや対象の違いこそあれど、カードパワー自体は大差ない気がします。
デッキによっては、現在禁止の死のデッキ破壊ウイルス以上に、このカードや魔のデッキ破壊ウイルスの方が刺さるという事もあるでしょう。

実際に、このカードによる影響力は大きく、【魔導】は思う様に大会で結果を残せていないようです。
逆に、このカードをメインで投入しなければならない程に、【魔導】のアドバンテージの取り方は強力なのだという風に取る事もできます。
そんな環境の変化によって注目を集めたのがこのカードなのです。
また【魔導】以外にも刺さるデッキは多く、【氷結界】も決して例外ではありません。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

出た当初と比べ、現在はシンクロやエクシーズで比較的簡単にコストの用意が出来ますからね。

自分はSIN系統をコストで使ってます、SIN主力で除去にチェーンで闇・魔ウイルス使用、バトルフェイズ中にデーモンとの駆け引き発動、後続のバーサックデッドの攻撃を確実に通す構築にしてます。
身内だとスキドレ・ウイルス・2500以上の打点のデッキなので嫌な顔しかしてくれません(笑)
自分でも相手したくないと思います。

セルフバウンス型だと、罠宣言でも死にますね。
これがほぼノーコストで発動できるのも、自分が暗黒界が嫌いな理由です。

全然関係無いですが、氷結界の米統一がようやく完成しました。

No title

>葵さん
コメントありがとうございます。
死デッキ程ではないにしろ、今ではコストの確保も簡単なのが強力さに拍車をかけていますね。
sinについては前に少し触れた事がありますが、そのsinでもこのカードは使いやすいですね・・・。
相手にすると考えただけでもゾッとします(笑

>オクタヴィアさん
コメントありがとうございます。
今の環境だと魔法カードの方が指定されやすそうなので、罠主体の氷結界も考えておきたいです。
暗黒界みたいにコストの確保が容易なデッキ相手なら重ね掛けされてしまう可能性もありますが・・・。
米版の氷結界の完成おめでとうございます。HAのカードならば、光っているため高級感(?)が出ていて良いと思います。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。