スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イビリチュア・テトラオーグル

今日紹介するのは、リチュアの儀式モンスターであるイビリチュア・テトラオーグルです。
3体目の儀式モンスターが、かつてない戦術を可能とする!?


イビリチュア・テトラオーグル

イビリチュア・テトラオーグル
儀式・効果モンスター
星6/水属性/水族/攻2600/守2100
「リチュア」と名のついた儀式魔法カードにより降臨。
1ターンに1度、カードの種類
(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手は手札を1枚捨ててこの効果を無効にできる。
捨てなかった場合、お互いのプレイヤーは宣言された
種類のカード1枚をデッキから墓地へ送る。



レベル6のリチュアの儀式モンスターの1体であり、その中では最高の攻撃力を持っています。
他のレベル6リチュア2体は儀式召喚成功時に発動する効果を持っているのに対し、このカードは1ターンに1度の起動効果を持っています。
また、起動効果持ちのリチュアの儀式モンスターの中では唯一、ノーコストで効果を使用できます。
なので、リチュアの儀式モンスターの中でも効果を使用できる機会は多いでしょう。

効果は、カードの種類を宣言し、お互いにその種類のカード1枚をデッキから墓地へ送るというものです。
1ターンの1度だけとはいえ、どんな種類のカードでも1枚デッキから墓地へ落とせる墓地肥やし効果です。
ただ、相手の墓地も肥やしてしまう点には注意が必要です。特に、モンスターカードを指定した場合には、相手にも墓地アドバンテージを与えてしまう可能性が高いです。
モンスター以外も墓地へ落とせるのは、リチュアの儀水鏡を墓地へ送る事で、儀水鏡が持つ回収効果に繋げられる事を意識しているんでしょうか。ただし、このカードが場に出た時には既にリチュアの儀水鏡が墓地にある事が多いです(汗

この墓地肥やし効果を発動できるのは、あくまで無効にされなかった時です。このカードにはどういう訳か相手は手札を1枚捨ててこの効果を無効にできるという制約があるのです。
「相手に手札を捨てさせる事ができる」という点はライホウに似ている気がします。
手札を捨てられれば墓地肥やしができなくなってしまいますが、それは相手にとっても同じです。また、手札を捨てさせる事でハンデスを行ったと見なす事もできます。
しかし、こちらの無効効果の方も、相手に利用されてしまう恐れがある点には気を付けたいです。
ライホウもそうでしたが、手札のカードを捨てるか捨てないかの選択や、捨てる場合にはどのカードを捨てるかも相手が選べるのです。
なので、相手の手札で腐っているカードや墓地にいたほうが都合が良いカードを手札から墓地へ落とす手助けをしてしまう可能性があります。
また、「墓地へ捨てられた時」や「墓地へ送られた時」などに発動する効果を発動させてしまう点にも注意が必要です。特に【暗黒界】相手に効果を使い、無効にされた場合など目も当てられない事に…。

墓地肥やしが不確定である上に、どちらの場合でも相手に逆手に取られる可能性があるため、どうも使い辛いカードという印象が強いです。
墓地肥やしやらば、確実に自分のデッキから好きなカード1枚を墓地に落とせるラヴァルバル・チェインの方が優先されるでしょう。
また、単にアタッカーとして使うにしても、このカードと同じ属性と攻守の値を持つバハムート・シャークが存在します。
これらはいずれもランク4のエクシーズモンスターであり、【リチュア】ではリチュア・ビーストでレベル4リチュアを釣り上げる事で簡単に出す事ができます。バハムート・シャークには水属性の素材指定がありますが、リチュアは全て水属性なので問題無く出せます。
しかもこれらはレベル6軸以外の【リチュア】でも出す事ができます。
なので、このカードを使うならば、レベル6のリチュアの儀式モンスターである点を活かしたいです。

そんなこのカードですが、一時期はフィッシュボーグ-ガンナーを墓地へ送る手段としてそれなりに評価されていました
このカードとリチュア・アビスが場にいる時にフィッシュボーグ-ガンナーを蘇生すれば、3体でトリシューラを出す事ができました。
他にもこのカードとフィッシュボーグ-ガンナーとでグングニール等のレベル7を出せたりと、【リチュア】のシンクロギミックの為の墓地肥やし要員や素材として貢献していました。
しかし、フィッシュボーグ-ガンナーが禁止カードとなった事で鳴りを潜めてしまいました。【リチュア】をはじめとした多くの水属性のデッキと共に…。

このカードは、儀式術によって変化したリチュア・ノエリアヴァイロン・テトラを装備した姿という設定です。
ただしその容姿は後に登場したプシュケローネの様な人型ではなく、ソウルオーガに似た姿になっています。
また、胸部に装備されているヴァイロン・テトラは紫色に変色しています。これは、ノエリアに感染していたインヴェルズが、内部からヴァイロン・テトラを侵喰しているのだという設定がデュエルターミナル マスターガイドで語られています。
ここからヴァイロン全体がインヴェルズに感染されていくので、DTのストーリーの中で、特に11弾から12弾の時代において重要な役割を持ったモンスターだと言えます。

このカードはレベル6のリチュアの儀式モンスターですが、その筆頭であったイビリチュア・ガストクラーケは以前の改訂で制限カードに指定されました。
なので、その代替や儀水鏡でのリリース要員として、マインドオーガスだけでなくこのカードも投入を検討できるでしょう。
FBG現役の頃までとはいかなくとも、レベル6軸の【リチュア】において出番は増えたと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。