スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リミット・リバース

今回紹介するカードはリミット・リバースです。


リミット・リバース

リミット・リバース
永続罠
自分の墓地の攻撃力1000以下のモンスター1体を選択し、
表側攻撃表示で特殊召喚する。
そのモンスターが守備表示になった時、そのモンスターとこのカードを破壊する。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
そのモンスターが破壊された時、このカードを破壊する。



攻撃力1000以下のモンスターを蘇生する効果を持った永続罠です。
蘇生できるモンスターの攻撃力に制限があるため、リビングデッドの呼び声の下位互換にあたります。
リビデは現在無制限なので、このカードの方を投入するならば、「4枚目以降のリビデ」という位置付けになるでしょう。

リビデには無い特徴として、蘇生したモンスターが守備表示になった時、そのモンスターとこのカードを破壊するという効果があります。
蘇生対象となるモンスターは攻撃力が低い上に、守備表示にすると破壊されてしまうのは辛いです。
これは一見デメリットの様に感じますが、ユベル等の破壊をトリガーとして効果を発動するモンスターと組み合わせる事ができます。それらを蘇生し、守備表示にする事で能動的に破壊でき、効果の発動に繋げる事ができます。
とはいえ、現環境では大嵐が制限、サイクロンが無制限という事もあり、リビデ共々非常に割られやすいため、大した利点とは言えないと思います…

氷結界では、ブリズド風水師輸送部隊守護陣破術師御庭番伝道師の7体を蘇生できます。この内、風水師、守護陣、破術師の3体は類似効果を持つ永続罠のエンジェル・リフトでは蘇生できません。
伝道師を蘇生できるのがポイントであり、そこから攻撃力が1000を上回る氷結界のモンスター(神精霊は除く)も蘇生できます。
自分の場に氷結界がいる場合に、バトルフェイズのスタートステップ時に守護陣を蘇生すれば、相手の攻撃をロックする事ができます。
このカードの効果で蘇生したモンスターは守備表示になった場合破壊されてしまいますが、大僧正がいれば守備表示になっても破壊されません。
また、リビデと同じく蘇生したモンスターが破壊以外の方法で場を離れた場合、このカードは残り続けるので、ドゥローレンの効果でバウンスし、再利用する事ができます。
伝道師を蘇生してから伝道師の蘇生効果を使ったり、このカードでの蘇生によってシンクロ素材を揃えると良いでしょう。

リビデが制限解除されてからは重要性が薄まったカードですが、【氷結界】においてはほぼ4枚目以降のリビデとして使う事ができ、今後もしリビデがまた規制された場合にはその代替カードとして使えるカードだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。