スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーカナイト・マジシャン

今日紹介するカードはアーカナイト・マジシャンです。
レベル7のシンクロモンスターです。


アーカナイト・マジシャン

アーカナイト・マジシャン
シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻 400/守1800
チューナー+チューナー以外の魔法使い族モンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
このカードに魔力カウンターを2つ置く。
このカードの攻撃力は、このカードに乗っている魔力カウンターの数×1000ポイントアップする。
また、自分フィールド上の魔力カウンターを1つ取り除く事で、
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。



魔法使い族・レベル7のシンクロモンスター。チューナー以外に「魔法使い族」という素材指定があります。
氷結界の下級魔法使い族には、手札交換効果を持つ軍師や攻撃力がそこそこ高い上に魔法・罠除去効果を持つ舞姫や下級氷結界中最高の守備力を持つ封魔団と、なかなかの粒揃いであるため、【氷結界】デッキにおいてはシンクロ召喚を狙いやすいでしょう。
更に、優秀なロック効果を持つ守護陣がレベル3チューナーであり、前述の魔法使い族モンスター(いずれもレベル4)と共に展開する事で、このカードのシンクロを狙えます。
特に守護陣+軍師の組み合わせで出せる点は優秀です。
氷結界のレベル3チューナーには、守護陣の他に風水師が存在します。こちらはこのカードと同じ魔法使い族なので、種族専用サポートを共有できる利点があります。

さて、このカードはレベル7のシンクロモンスターであり、氷結界のシンクロモンスターの1体であるグングニールと同じレベルです。
また氷結界の魔法使い族は全て水属性である為、いずれもこのカードの素材になれると同時にグングニールのシンクロ素材にもなれます。
おまけに、効果の面でも「相手の場のカードを2枚まで破壊できる」除去能力を持つという共通点があります。
そこで、グングニールと比較した場合のこのカードの長所と短所を考察してみます。

このカードの長所は、奈落に落ちる心配が無い点と、除去効果を使用する際に手札を必要としない点です。
特に、手札が少ない場合や墓地へ捨てたいカードが無い場合にも除去を行えるのはグングニールには無い利点です。
逆に短所は、除去効果が基本使い捨てな点でしょうか。
魔力カウンターが無くなってしまうと効果無しも同然となってしまいます…。

また、魔力カウンターが2個乗った状態であっても打点はグングニールの元々の攻撃力値よりも劣ってしまいます。
【氷結界】デッキにおいては、守護陣とのロック形成や大僧正による耐性付加、伝道師による蘇生などの恩恵を受けられずに困ってしまう事もあります(汗
このカードとグングニールのどちらをシンクロ召喚するかは、状況や戦術と相談した上決めたいです。

あとこのカードの利点として、ミラクルシンクロフュージョンによって覇魔導士アーカナイト・マジシャンの融合召喚を狙える点が挙げられます。
このカードとそのシンクロ素材となった(墓地にいる)魔法使い族モンスターを除外する事によって融合でき、このカードの魔力カウンターを使い果たした後にも後続として活躍できます。
また、前述のグングニールにも、ミラクルシンクロフュージョンでの融合先として波動竜騎士 ドラゴエクィテスが存在します。
これらの点から、ミラクルシンクロフュージョンを用いた【氷結界】デッキを組んでみるのも面白いかもしれません。
また、元々の攻撃力が400と低い事から、墓地へ行った後でもデブリ・ドラゴンで蘇生する事ができ、そこから星態龍のシンクロへと繋げる事ができます。デブリ・ドラゴンはグングニールへのシンクロ手段としても役立つため、事故になりにくいのが大きな利点です。
効果を使い果たした後は、ランク7のエクシーズ素材にするのも手です。エクシーズ先には、強力な効果を持つ上に種族も同じであるビッグ・アイや、魔法使い族の素材指定のある魔導法皇 ハイロンなどが存在します。
リミット・リバースで蘇生できる点も、覚えておいて損はないでしょう。

そのレベルや効果から、【氷結界】において主力級のシンクロモンスターの1体であると言えると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。