スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿地草原

今回紹介するカードは湿地草原です。
水属性専用のフィールド魔法の1つです。


湿地草原

湿地草原
フィールド魔法
フィールド上の水族・水属性・レベル2以下のモンスターの
攻撃力は1200ポイントアップする。



攻撃力を上昇させる効果を持つフィールド魔法の中でも特に上昇値が高いカードです。その上昇値はなんと1200と破格です。
ただし、このカードの恩恵を受けられる対象は、水族・水属性・レベル2以下と三重に限定されており、これらの条件の内1つでも欠けていれば恩恵は受けられません
縛りが厳しいだけにに受けられる恩恵は大きく、このカードに対応するモンスターを集めた【湿地草原】デッキの構築が考えられます。

ガエルやそのサポート効果を持つモンスターの多くがこのカードの恩恵を受けられるため、【ガエル】デッキにおいては半ばテーマ専用のフィールド魔法の様な感覚で扱う事ができます。
攻撃力不足に悩むガエルのモンスターを強化できるため相性が良いです。
特に、このカードに対応するモンスターばかりを集めたデッキにおいては、鬼ガエルを闇属性のデッキにおける終末の騎士の様に運用させる事ができます。鬼ガエル自身もこのカードの発動下では攻撃力2200となり、十分アタッカーとして活躍できるようになります。
スター・ボーイは自身の効果と合わせて実質的に攻撃力が2250になる上、他の水属性モンスターを更に強化する事ができます。
強力なリバース効果を持つペンギン・ソルジャーは攻撃力1950となり、除去要員のみならず下級アタッカーとしても運用できるようになります。
また、このカードに対応するモンスターは、海竜神の加護ウォーターハザード忘却の海底神殿浮上など数多くの水属性や水族の専用サポートを受ける事ができます。
ただ、浮上は守備表示での蘇生であるためあまり相性は良くないです。発動は遅いものの、エンジェル・リフトならば攻撃表示で蘇生する事ができます。
対応するモンスターは皆攻撃力が1500以下であるため、サルベージで回収する事もできます。

氷結界ではブリズド術者水影御庭番伝道師の5体がこのカードに対応しています。この中で、ブリズドのみレベル1であり、他は全てレベル2です。
術者は、このカードの発動下では攻撃力2500のアタッカーと化します。これは、このカードに対応するモンスターの中でも最高の数値です!
ここから更に他の氷結界と並ぶ事でロックを行えます。湿地草原に対応するモンスターはレベル2以下のため、術者のロックにかかる心配が無い点も評価できます。
また、次いで攻撃力の高い水影は攻撃力2400のダイレクトアタッカーと化します。
水影がダイレクトアタックできる条件は、自分の場に表側表示で存在するモンスターがレベル2以下のモンスターのみの場合に限定されていますが、こちらについても、このカードに対応するモンスターのみで固めた場合は何ら影響は無いため相性は最高です。
このカードと水影との組み合わせは、専用デッキを組める程に強力です。
伝道師には、自身の効果で特殊召喚を行ったターン、自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚できなくなるというデメリットがありますが、このデメリットに関しても、このカードに対応するモンスターで固めたデッキならば無いも同然となります。
伝道師自体も攻撃力2200のアタッカーになれる上に、積極的に展開でき、水影の蘇生や術者とのロックの形成に繋げやすくなるのが利点です。
余談ですが、このカードと氷結界を組み合わせてデッキを組んだ場合、どうしても「湿地草原軸の【氷結界】デッキ」というよりは「氷結界を取り入れた【湿地草原】デッキ」になります(笑

数自体が少なかったもののDT1弾の頃に出た氷結界は、ブリューナク以外は皆このカードに対応していました。
そのため、当時は「氷結界=湿地草原」というイメージが強かったです。
そのため、DT2弾の新規氷結界モンスターの情報が出た時には、「何で湿地草原に対応していないんだ!」と言われており、私もそう思ったものです。それに加えて、ロイヤル・ナイトとの相性の悪さがネタにされた事がありました(詳しくはロイヤル・ナイトの記事を参照)。
その後も氷結界のモンスターは増え続けましたが、今一シナジーが薄く、評価が低かったです…。そんなシンクロ以外の氷結界のモンスターの中で、術者と水影の2体のみが一定の評価を得ていたのは、上記の様にこのカードの発動下では強力なアタッカーになれるからでした。
もし、氷結界に属するモンスター全てがこのカードに対応する様ならば、一定の評価は得られていたんでしょうか…。
このカードは「氷結界」のイメージの形成にもある意味貢献していると言えます(笑
また、このカードが第6期以降の水属性の「ローレベル中心路線」の先駆けであったと取る事もできます。

悩みは、対応するモンスターは元々の攻撃力が低いため、デッキがこのカードに依存しがちになってしまう点でしょうか。
このカードに対応するモンスターの元々の攻撃力は、最高でも術者の1300と、力不足感が否めないです。
したがって、このカードを引けなかった場合は下級アタッカークラスのモンスターにさえ蹂躙されてしまう恐れがあります…。
このカードを手札に来やすくするためにテラ・フォーミングを投入するのも手でしょう。
他にも、元々の攻撃力が300以上のものが奈落に落ちるようになってしまう点や、対応するモンスターの中でも特に汎用性が高い黄泉ガエルの自己蘇生を妨害してしまう点が、悩みとして挙げられます。
これらの短所も踏まえた上で、デッキを組みたいものです。

このカードは水族のサポートの中でも随一のカードだと思いますが、逆に言うとそれ以外には目立った単独サポートが無く、今では種族的には海竜族や魚族に間を空けられている気がします。
また、このカードに対応するモンスターと対応しないレベル3以上のモンスターと、水族の間でも格差を生み出してしまったカードなのかもしれません。
ともあれ、氷結界のバリエーションの一つとしても重要なカードです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。