スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷炎の双竜

今回紹介するのは、氷炎の双竜です。
デュエリストエディションには収録されませんでしたが、その後トーナメントパック2012 Vol.3にて再録されました。


氷炎の双竜

氷炎の双竜
効果モンスター
星6/水属性/ドラゴン族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の水属性モンスター2体と炎属性モンスター1体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。



自分の墓地の水属性2体炎属性1体を除外する事でのみ特殊召喚する事ができます。
このカード自身が水属性であるためか、水属性の方が除外に必要な枚数が多いです。間違えないように気をつけたいものです。

このカードを出すには、水属性と炎属性の両方を組み込んでおくべきであり、特に水属性を多めにしておいた方が良いでしょう。
炎属性のエクシーズモンスターには、ランク3にはゼンマイン、ランク4にはラヴァルバル・チェイン、ランク5にはヴォルカザウルスと汎用性の高いものが多いので、それらのモンスターのエクシーズを狙える構築の【水属性】デッキならば、メインデッキに炎属性を入れなくとも出せる機会は訪れるでしょう。
特に魚族・海竜族・水族主体の【水属性】ならば、水属性の海産物2体とラヴァルバル・チェインを共に除外する事で一気にフィッシュアンドキックスの発動条件を満たすことができます。
ハイドロゲドン大くしゃみのカバザウルスからラギアやドルカのエクシーズ召喚を狙える構築のデッキにおいても、それらのエクシーズがやられた後に出す事ができます。
ただ、このカードの特殊召喚コストとサルベージとの兼ね合いには気をつけたいところです。

このカードは水属性・ドラゴン族という事で、瀑征竜-タイダルの効果でデッキからサーチする事ができます。
また、タイダルの自身と水属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で発動する墓地肥やし効果で炎属性モンスターをデッキから墓地へ送れば、即座にこのカードの特殊召喚条件を満たせます。
特殊召喚時のコストとしてタイダルや焔征竜-ブラスターを除外すれば、それらが持つサーチ効果を使う事ができます。これによって、効果の発動の為の手札コストを補う事ができます。
以上の点から、【征竜】においても出番があり、特にタイダルとは相性が良いです。このカードを使う場合には、タイダルやブラスターだけでなく、ストリームバーナーも多めに入れておきたいです。
ただし、征竜が全てレベル7であるのに対しこのカードはレベル6と、噛み合わない部分があります。
征竜以外のドラゴン族では、リクルーターの仮面竜や、チューナーのガード・オブ・フレムベル炎龍にサーチ効果も持つドレッド・ドラゴンと、炎属性は豊富ですが、水属性の数は少ないです。
下級の水属性・ドラゴン族の中でも、ブリザード・ドラゴンは有用な効果を持ちアタッカーとしても運用できますが、パワード・チューナースノー・ドラゴンは、仮面竜のリクルートには対応するものの単体だとただの貧弱なモンスターでしたありません…(汗
ドラゴン・アイスの特殊召喚効果をくり返して使う事で墓地を肥やし、このカードの特殊召喚へ繋げるという戦略も考えられます。

このカードの効果は、1ターンに1度、手札を1枚捨てる事でフィールド上のモンスター1体を破壊するというもの。
表示形式を問わずにモンスターを破壊できる上に、効果発動後にも攻撃できるのが利点です。
また、コストとして「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」を持った海皇の下級モンスターを捨てる事で、それらの効果を使う事ができます!
特に、重装兵狙撃兵を捨てれば、2体のモンスターを除去したり、魔法・罠も除去したりする事も可能となります。
ただ、同じ属性・種族のモンスターに、手札コストによって2枚まで除去できる上にモンスターだけではなく魔法・罠も破壊できる効果を持つグングニールが存在します。
アビス・ソルジャーに対するブリューナクといい、氷結界のシンクロには、既存の水属性を上回るような効果のものが多い気がする…。
あちらはシンクロモンスターですが、一度シンクロ召喚すれば蘇生条件を満たす事ができます。
一方で、こちらは上記の方法でしか特殊召喚できません…。
一応、自分のモンスターも破壊できる点と、次元の裂け目マクロコスモスの発動下でも除去効果を発動できる点は、グングニールには無い利点です。

実はこのモンスターは、遊戯王OCG史上において初めて登場した水属性・ドラゴン族のモンスターでした。
情報が出たのはブリザード・ドラゴンの方が先でしたが、実物が発売されたのはこのカードの方が先だったようです。
水属性と炎属性を併せたデッキにおいて、採用を検討できるカードです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。