スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁止カード1枚追加デュエルを考える・1

「公認カジュアル大会」において、禁止カードを1枚だけデッキに入れる事ができる「禁止カード1枚追加デュエル」が開催されています。
なので、禁止カード達も一概に「全く意味の無いカード」とは言えなくなりました。
そこで、【氷結界】にとって相性の良さそうな禁止カードについて、機会があれば取り上げてみたいと思います。

まず最初に紹介するのはこのカードです。


氷結界の龍 ブリューナク

氷結界の龍 ブリューナク
シンクロ・効果モンスター(禁止カード)
星6/水属性/海竜族/攻2300/守1400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
手札を任意の枚数墓地へ捨て、
捨てた数だけフィールド上のカードを選択して発動できる。
選択したカードを持ち主の手札に戻す。



一番最初に紹介するのはこのカード以外に考えられませんでした。
「氷結界」に属するシンクロモンスターである氷結界の龍 ブリューナクです。

手札を任意の枚数墓地へ捨て、その枚数分だけフィールド上のカードをバウンスできるという、非常に強力な起動効果を持つカードです。
捨てるカードの種類にも枚数にも何ら制限は無く、おまけに効果の発動回数にも制限が無いため、手札さえあれば1ターンに何度も効果を使う事ができます
更に、バウンスするフィールド上のカードにも、カードの種類や持ち主の指定がありません。したがって、発動のしやすさに加えて、バウンスできるカードの範囲も非常に広いです。

このカードのバウンス効果は、特に相手のカードの除去手段として活躍します。
「破壊」に対する耐性を持つモンスターをはじめ、場持ちの良いイメージの強いモンスターであっても、このカードのバウンス効果の前では無力だったりする事が多いです。そういった破壊耐性持ちモンスターへの対抗手段として重宝します。
また、複数のモンスターを並べての強力な布陣であっても、それらの内1枚でもバウンスできれば、相手の布陣を崩していく事ができます。
レベル6にしては攻撃力はやや低いですが、それを補って余りある程に効果が強力です。現役時と同様に、除去からのフィニッシャーとしての役割も果たせる事でしょう。

除去能力に乏しい【氷結界】にとっては、除去要員として重宝します。
同じ「氷結界の龍」であるグングニールも除去要員として活躍できますが、除去できる範囲はこちらの方が遥かに上です。
上記の様に非常に強力な効果を持ったこのモンスターを、守護陣などのロックの形成に使えたり、大僧正御庭番で耐性を付ける事ができるというのは、【氷結界】デッキならではの大きな利点だと思います。
更に、伝道師ガンターラの効果によって、墓地へ行った後も蘇生する事ができます!

自分のカードを手札に戻せるのも大きな利点です。
氷結界には、同じレベル6でセルフバウンスの戦術に利用できるドゥローレンが存在しますが、このカードは上述の様に使用回数に制限が無いため小回りが利き、シンクロ素材に指定が無い事もあってドゥローレン以上に様々なループコンボに使用されていました。
早すぎた埋葬生還の宝札といった、最終的にこのカードによるループコンボの為に禁止になったと言っても過言では無いようなカードも存在しますが、公認カジュアル大会でデッキに入れられる禁止カードは1枚だけなので、それらと共存させる事はできません。

【氷結界】以外の水属性のデッキとも相性は抜群です。
このカードの効果の発動時に、「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」を持つ海皇の下級モンスターを墓地へ捨てる事で、それらの効果を使用できます。
重装兵狙撃兵を捨てれば、1枚のコストで2枚のカードを除去する事も可能です
竜騎隊を捨てて海竜族をサーチし、更にその海竜族を捨てるという事もできるので、竜騎隊を実質2枚分の手札コストと見なす事ができます。そこから重装兵や狙撃兵をサーチすれば、2枚分の消費で3枚のカードを除去する事も可能です。
この様に、あまりにも相性の良い海皇のモンスターが登場した事が、ブリューナクの禁止化を決定付けたとも言われています。それまで水属性であることは対して重要ではなかったブリューナクに「止め」を刺したのが、水属性に関する効果を持つカードだったというのは何とも皮肉な話です…(汗

このカードを入れる事で、フィッシュボーグ-ランチャーのシンクロ先を増やせるという利点もあります。
このカードは禁止カードでありながら、数少ない貴重なランチャーのシンクロ先の1体なのです。

このカードの禁止後に、同じレベル6で同じくシンクロ素材に縛りの無い獣神ヴァルカンというシンクロモンスターが登場しました。
効果もバウンス効果を持つ点で共通しており、このカードの調整版の様な印象を受けるカードです。
「禁止カード1枚追加デュエル」では、これら2体の「夢の共演」を果たす事も可能です。
ただ、【氷結界】においてはこのカードの方が大きく優先されるでしょう。

私は以前、動画や文章でブリューナクやトリシューラについて、「これらのカードを禁止にしてでもいいから氷結界を強化して欲しい」が書いた事があり、今や実際にそうなっています。
しかし、水属性のエクシーズには未だに除去効果持ちのものが1体もいない事や、JOTLで水属性にだけ新規シンクロが1体も出なかった事から、今現在の心境としては、このカードに全く未練が無いと言うと嘘になります・・・

このカードが禁止になったのは2012/9/1からなので、一年前にはまだ現役でした
なので「禁止カードなんだ」という意識はまだそこまで濃くないです(笑
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。