スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁止カード1枚追加デュエルを考える・2

「公認カジュアル大会」において、禁止カードを1枚だけデッキに入れる事ができる「禁止カード1枚追加デュエル」が開催されています。
そこで、【氷結界】にとって相性の良さそうな禁止カードについて取り上げてみます。
今回紹介するのは、この禁止カードです。


早すぎた埋葬

早すぎた埋葬
装備魔法(禁止カード)
800ライフポイントを払い、
自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを表側攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードが破壊された時、装備モンスターを破壊する。



自分の墓地のモンスターを蘇生させる効果を持った装備魔法、早すぎた埋葬です。
蘇生できるモンスターには制約が一切無く、死者蘇生リビングデッドの呼び声と共に汎用蘇生カードとして知られています。
ライフコストがあったり自分の墓地のモンスターのみ、それも表側表示でしか蘇生できなかったりデメリットがあったり、全体的に死者蘇生よりも弱い様な印象を受けますが、後に装備カードならではの利点がどんどん生まれ、死者蘇生にはできないような様々なコンボにも利用された為、禁止カードとなりました。

蘇生したモンスターはこのカードを装備している事になっており、このカードが破壊が破壊された時、装備モンスターも破壊されます
一応大僧正がいれば、このカードが破壊されたとしても、装備していた氷結界のモンスターは破壊されなくなります。
また、「破壊」以外の方法で除去された場合は、装備していたモンスターは破壊されません
つまり、破壊を介さない除外や「墓地へ送る」効果、バウンス等でこのカードが除去された場合、装備していたモンスターは完全蘇生する事になります。
ドゥローレンの効果でバウンスすれば、大僧正がおらずともいとも簡単にモンスターの完全蘇生を行う事ができ、更にドゥローレンの攻撃力までアップできます。
そもそも、これとほぼ同じ運用ができる継承の印との様々なコンボのせいで、ドゥローレンは準制限になってしまった程です。
逆を取ると、このカードを使えば、継承の印の様な下準備を行うまでもなく、ドゥローレンによるそれらのコンボを行う事ができます。このカードにはライフコストがある為、無限ループのコンボを行うのは難しいかもしれませんが。

このカードは装備魔法なので、装備モンスターがフィールド上を離れれば、このカードも墓地へ送られます。この場合は破壊でも除外でもバウンスでも、何らかの素材になった場合でも同様です。
よって、このカードによる蘇生をシンクロの中継ぎに使うのは勿体ないです。
リビデの場合は蘇生したモンスターをシンクロ素材にした場合でもリビデ自体は場に残り、ドゥローレン等で回収する事ができましたが、このカードは蘇生したモンスターでシンクロ召喚を行った時点で無くなってしまうのです。
また、表側攻撃表示で蘇生する点や自分のメインフェイズ時にしか発動できない点から、ロックの形成にも不向きです。
以上の点から、ロックやシンクロ等の中継ぎに使うよりも、直接切り札級のモンスターを蘇生するのに向いているカードだと言えます。
この点からも、あくまでリビデとは似て非なる物なのだと感じます。

伝道師という万能蘇生効果持ちのカードがいるため、「蘇生」という点では【氷結界】におけるこのカードの重要性はそこまで高くない気がします。
このカードの真価は、やはりドゥローレンからのバウンスに完全蘇生、そしてループコンボでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。