スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青眼の銀ゾンビ

次のストラクチャーデッキのタイトルは「青眼龍轟臨」です。
その名の通り、青眼の白龍を中心としたストラクチャーデッキです。
水属性のストラクチャーデッキである「海皇の咆哮」から1年後の発売という事になりますが、青眼のデッキも組んでいる身としては今から発売が楽しみです。
今回紹介するのは、「青眼」のカードの1枚です。


青眼の銀ゾンビ

青眼の銀ゾンビ
通常モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 900/守 700
目から出す怪光線で、相手をゾンビに変えてしまうと言われている。



初期のvol.2に登場した青眼の銀ゾンビです。「ブルーアイ・シルバーゾンビ」と読みます。
闇属性・アンデット族の下級通常モンスターです。
このカードは以前に紹介した通常モンスターのデッド・シャークと属性・種族・レベル・守備力が同じであり、攻撃力はこのカードの方が200低いです。
そのため、あちらの下位互換という印象が強いです・・・。しかし、この200の差が二者を差別化する大きな分かれ目となっています。
あちらは1100という攻撃力から連鎖除外にはかからず落とし穴にはかかるのに対し、こちらは800という攻撃力から、落とし穴にはかからない代わりに連鎖除外にはかかります。
相手に大きく依存しますが、これらの特徴によって、より高い攻撃力のモンスター達と差別化を図りたいです。

このカードは下級通常モンスターという事で、レスキューラビットの効果でデッキからリクルートでき、そこからランク3のエクシーズに繋げる事もできます。
窮鼠の進撃などを使えば戦闘を補助する事ができます。
また、そのステータスから思い出のブランコ生者の書正統なる血統ゾンビ・マスター馬頭鬼やダイガスタ・エメラルの効果といった様々の方法で墓地から蘇生できます。
ダーク・バースト闇の量産工場で墓地から手札に回収する事も可能です。

さて、このカードは名前が似ているだけであり、青眼の白龍とは全くの無関係です。というか、読みの時点で「ブルーアイ」ではなく「ブルーアイ」となっています(笑
「真紅眼」と名のつくアンデット族である真紅眼の不死竜真紅眼の黒竜の系統のデザインなのに対し、このカードは青眼の白龍とは何の共通点もありません。
三体融合して青眼の究極ゾンビになる事もできません。
フレイバーテキストには「目から出す怪光線で、相手をゾンビに変えてしまうと言われている」と書かれているものの、このカードはただの通常モンスターなので、相手モンスターの種族をアンデット族に変更するなんて効果もありません。
「青眼」という名前さえなければ、単なる弱小モンスターの1体として忘れ去られ、このブログの記事でも取り上げなかったに違いありません・・・。

このカードはvol.2で初登場して以来一度も再録されておらず、現在は絶版です。一方、青眼の白龍はストラクチャーデッキをはじめ様々なところで再録されています。
そのため、今では青眼の白龍よりも入手が困難という可笑しな事になっています(笑
私が発売当時リアルタイムで買っていたカードの中にあった1枚であり、当時から「青眼の白龍」に似たその名前に衝撃を受けたものです。なので、妙に思い入れのある1枚です(笑
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。