スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深淵に潜む者

今日紹介するカードは深淵に潜む者です。
元々は海外版のABYRで初登場した海外先行販売カードであり、水属性のエクシーズモンスターとしては初の海外新規カードでした。


深淵に潜む者

深淵に潜む者
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻1700/守1400
レベル4モンスター×2
このカードが水属性モンスターをエクシーズ素材として持っている場合、
自分フィールド上の水属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このターン、相手の墓地で発動する魔法・罠・モンスター効果の効果は発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。



このカードは、水属性モンスターをエクシーズ素材として持っている場合、自分フィールド上の水属性モンスターの攻撃力を500ポイントアップします。自身も水属性なので、この効果が適用されている場合、このカードの攻撃力は2200となります。
自分の場の水属性を強化できる永続効果を持ったモンスターには他にスター・ボーイペンギン・ナイトメアアビスラングが存在し、これらと並ぶ事で互いの効果で強化し合う事ができます。特に、後者2体は水属性・レベル4のモンスターであるため、このカードの素材とし、全体強化効果に繋げる事もできます。
攻撃力の上昇値がスター・ボーイと同じ+500であり、更にあちらとは違い相手の場の水属性モンスターも強化してしてしまう事が無い点も嬉しいです。
他にも、海竜族を全体強化する永続効果を持つニードル・ギルマンや、他に水属性がいる時に強化されるジョーズマンアブソルートZero、他に海竜族がいる時に強化される海皇の突撃兵と並べる事で高い攻撃力を叩き出す事も可能です。
ただ、この効果が無い場合はこのカードの攻撃力は1700と、ランク4として見てもあまりにも低いです。
エクシーズ素材に縛りは無いものの、主に水属性のデッキで活躍するカードと言えるでしょう。

また、このカードは1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、そのターン、相手の墓地で発動する魔法・罠・モンスター効果の効果の発動を封じる効果も持っています。
同じ水属性のエクシーズモンスターのガイオアビスが相手の場のモンスターのモンスター効果に影響を及ぼすのに対し、このカードは相手の墓地の魔法・罠・モンスター効果に影響を及ぼします。また、ガイオアビスと同じくこの効果は相手ターンでも発動できます
この効果によって、リクルーターや自己蘇生を始めとした墓地で発動するモンスター効果、ブレイクスルースキルスキルサクセサー等の墓地で発動する罠カードの発動を防ぐ事ができます。
「リクルーターを潰せる」モンスターとして、同じ水属性ランク4エクシーズのメロウガイストが存在します。また、同じ海竜族には、墓地のモンスターの効果を永続的に無効にできるアームズ・シーハンターも存在します。
このカードは、それらと比べると戦闘破壊を介する必要が無い上に、複数の効果や魔法・罠の発動も封じられるのが利点です。また、水属性を素材としている場合の打点はメロウガイストを上回ります。
ただ、ガイオアビスとは違い「効果を無効にする」訳ではなく「発動を封じる」効果なので、相手の墓地で発動した効果に対してチェーンして発動しても、その効果は防げない点には気を付けたいです。

このカードは水属性のエクシーズモンスターなので、効果発動時に素材となっている海皇のモンスターを取り除く事で、それらの効果を使用できます。
特にこのカードはランク4なので、海竜族をサーチする効果を持つ海皇の竜騎隊を素材にする事ができます。
同様の運用ができるランク4の水属性エクシーズは何体か存在しますが、このカードが一番効果を発動させやすいです!
更に種族が同じ海竜族なのも嬉しいです。
海皇のモンスターは全て水属性なので、このカードの全体強化効果に繋げる事もできます。ただし、海皇のモンスター以外に水属性が素材として存在しない場合は、効果を使用した後にこのカードは弱体化してしまいます(汗
全体強化効果との兼ね合いから、エクシーズ素材の利用は計画的に行いたいものです。

イラストをよく見ると、左上の方に海底に潜む深海竜とよく似たモンスターが描かれています。
このカードは属性・種族・攻守の値が海底に潜む深海竜と一致しており、海底に潜む深海竜を素材にしてこのカードをエクシーズ召喚する事もできます。
また、イラストが暗くて見辛いと言う点は、龍脈に棲む者を彷彿とさせます。英語名に「Dweller」という単語が含まれている点も共通しています。
海底に潜む深海竜はこのカードと同じく海外先行登場カードであり、英語名が洞窟に潜む竜の英語名と似ており、日本語名でもそれと似たようなネーミングになりました。また、これら二者の英語名には「Dwelling」という単語が含まれています。
このカードが来日した際には、上記の3体の様なネーミングになるのかなぁと予想していましたが、実際にそんな感じのネーミングになりました。エクシーズモンスターのカード名としてはやや異質な気もしますが(笑

墓地で発動する効果への対策として投入を検討できる1枚です。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一枚でも素材が水ならいいのでカメンレオン雲魔物で活躍してます
征竜対策にいいかも

No title

サモプリなどのレベル4を軸にしてダイダロスを出すデッキでは重宝しますね。ただサモプリで竜騎隊をだして効果を発動すると攻撃力が下がるのが残念
水属性デッキで征竜に対抗できる貴重なカードだと思います。

No title

既に挙げられている征竜は勿論、海皇や各種リクルーターが効果の狙い目でしょう。魔法・罠に関してはブレイクスルーを・・・と言いたい所ですが、チェーンして発動されることを考えるとほぼモンスター限定ですね。
素材縛りが無い点も評価できますが、打点の低さを考慮すると水属性デッキでの使用をほぼ強制されてしまうのが残念。でもエクストラパックのラインナップを見るとトップレアはこのカードでしょうか?

No title

>名無しの方
コメントありがとうございます。
レベル4の水属性が入ったデッキなら、攻撃力上昇効果の方も使えるのが良いですね。

>もやしんすさん
コメントありがとうございます。
素材指定が無く、効果も発動させやすいので竜騎隊の効果を使いやすいのも、このカードの利点の1つだと思います。
竜騎隊以外に水属性の素材が無い場合は悩みますが。

>つららさん
コメントありがとうございます。
今の環境では一番の狙い目はやはり征竜でしょうね。
このカードをパックで当てるのを諦めてウルトラのこのカードをシングル買いしたら、その次の日に買ったパックの1パック目でいきなりウルレアのこのカードが出てきました・・・。
今回の弾のウルレアのトップレアはディニクアビスだと思われますが、私はまだ当たっていないです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。