スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青眼の白龍

ストラクチャーデッキ「青眼龍轟臨」の発売が近づいてきました。
という訳で、このブログでも青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)について紹介していきたいと思います。


青眼の白龍

青眼の白龍
通常モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
攻撃・守備が最高の、なかなか手に入らない超レアカード。



遊戯王を代表するカードの1枚です。
初期のフレイバーテキスト(上の画像のもの)には「攻撃力・守備力が最高」とあり、原作の初期でもステータスの横に「(MAX)」と書かれていました。
今ではこのカードを上回るステータスのカードも数多く登場していますが、それでもステータス自体は高水準であると言えます。現在でも通常モンスターの中で最高の攻撃力を誇ってます!
また、このカードのステータスは一種のラインとされており、青氷の白夜龍銀河眼の光子竜など、このカードを大きく意識した様なカードも存在します。
後のカードデザインにも大きく影響を与えたカードと言えます。
ちなみに、氷結界にはこのカードのステータスを上回るモンスターは1体も存在しません。

このカードが初登場した時の、最初期のルールでは生け贄(現:リリース)無しでこのカードを召喚する事ができました。
しかし、「エキスパートルール」が制定されてからは、このカードを通所召喚するには生け贄召喚(現:アドバンス召喚)を行わなければならなくなりました。このカードはレベル8であり、生け贄召喚を行うには2体の生け贄が必要となります。
そこで、このカードの生け贄召喚について考察してみたいと思います。

このカードの生け贄要員の有力候補としては、まずカイザー・シーホースミンゲイドラゴンといったダブルコストモンスターが挙げられます。
これらのモンスターは1体で2体分の生け贄とする事ができます。なので、最上級モンスターの生け贄召喚による消費を抑える事ができます。
フォトン・サンクチュアリによって生成できるフォトン・トークンを生け贄にする手段も有効です。発動するターン、光属性以外のモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できなくなるデメリットはあるものの、カード消費が少ない上に速効性もあります。
黄泉ガエルサイバー・ドラゴントフェニドラゴンといった、自身を特殊召喚できる効果を持つモンスターを特殊召喚する事で、生け贄要員を揃える事もできます。
他にも霊魂の護送船THE トリッキーハードアームドラゴンといったモンスターが存在します。これらは、フィールド上の条件に関係無く特殊召喚できる利点がある一方で特殊召喚にコストを必要とします。
この内ハードアームドラゴンは、生け贄にする事で青眼がカードの効果では破壊されなくなります!
また、THE トリッキーの特殊召喚コストとして伝説の白石を捨てれば、生け贄要員を揃えつつこのカードをサーチする事ができます。

生け贄召喚に関するサポートカードを使うのも有効です。
進撃の帝王の発動下ならば、生け贄召喚したこのカードはカードの効果の対象にならず、カードの効果では破壊されなくなります。
クロス・ソウルを使えば、相手のモンスターも生け贄にする事ができます。

とはいえ、今の環境では生け贄召喚自体が遅い上に重いという印象が強いです。まして、打点は高いものの単なる通常モンスターでしかないこのカードをわざわざ生け贄召喚するというのは、どうも実用的とは言い難いです。このカードを生け贄召喚できる状態であっても、生け贄召喚しない方がいいというケースも多いです。
やはり他のカードの効果による特殊召喚で出す方法が主流でしょう。
また、死皇帝の陵墓スター・ブラストを使えば生け贄無しで通常召喚する事もできます。

このカードは様々なイラストで登場しています。
画像の青眼は初期のイラストであり、第1期・第2期では主にこのイラストが使用されていました。
このイラストは、原作やアニメで使用されているカードと共通しています。なので、原作やアニメを意識してプレイする場合にはこのイラストのものを優先して入れたくなります。
ところが、この初期のイラストのものは第3期以降は一度も登場していません
海外版では第3期以降でもこのイラストで登場していたりしますが、日本語版には「海外と統一のフォーマットで、かつこのイラスト」というカードは存在しないのです・・・。
BE、DT、フィギュア、そしてストラクと、近年に登場した青眼のイラストは、全て第3期の頃のイラストとなっています。
原作・アニメと同じイラストでのカードが登場しないのが残念でなりません・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。