スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死体蹴り

次のパックSHSPで登場する新カードによって、ただでさえ使い道の無かったカード達の肩身が、更に狭くなりました・・・。


鬼岩城

レベル9の地属性シンクロモンスターの鬼岩城
攻守の値がチューナー以外のシンクロ素材の数×200ポイントアップするので、シンクロ召喚した際の実質的なステータスは最低でも攻3100/守3000であると言えます。
これによって、ますますナチュル・ガオドレイクの立場が無くなりました。
元々、同じレベル・属性でステータスが高く、素材指定も一見似ているものの微妙に緩く、種族も近いシンクロモンスターのXX-セイバー ガトムズの存在で立場がありませんでしたが、更に追い討ちをかけるかの様にこのカードが出ました。
私はガオドレイクやガトムズについて、「素材指定はあるものの、チューナーとチューナー以外1体で出せるのが利点」だと思っていましたが、素材指定なしでそれができる初のカードが、このカードなのです。
種族は違うものの、実質的な攻守が劣る上に素材指定もあるガオドレイクが、このカードよりも優先される事はまず無いでしょう・・・。


ナイト・バタフライ・アサシン

レベル4×3の素材を持つランク4エクシーズのナイト・バタフライ・アサシン
エクシーズ素材を取り除く事で、攻撃力を場のエクシーズ素材の数×300ポイントアップする効果を持っています。
この効果は永続効果である為、このカードの攻撃力は実質的に3200であると言えます。もちろん、他にフィールド上にエクシーズ素材があれば攻撃力は更に高くなります。
このカードによってますます立場が無くなってしまったのは、水属性のエクシーズモンスターである覚醒の勇士 ガガギゴです。
ガガギゴは一応、ランク4の中では最高の元々の攻撃力を持っていますが、同じランクにはレベル4×2の素材で出せる上にガガギゴよりも戦闘破壊できる範囲が広いガガガガンマンや、同じ種族で非常に優秀なサーチ効果を持つキングレムリンがいる事などから、元々著しく評価が低かったです。
同じレベル4×3で出せるランク4にも、ショックルーラーやヴェルズ・ウロボロス等強力なものがいる為、このカードの出る幕はありませんでした。
そんなガガギゴに更に追い討ちをかけるかの様に出たのが、このカードです。ガガガガンマンの攻撃力数値の変化効果はあくまで一時的なものでしたが、このカードは、ガガギゴと同じ素材で出せる上に、永続的にかつ確実のガガギゴより高い打点を叩き出せるのです。
属性・種族が違ったり守備力はガガギゴの方が高かったりしますが、他のランク4の存在もあってガガギゴにお呼びがかかる事は無いでしょう・・・。


ガオドレイクもガガギゴも、これ程までに酷評される原因は、素材指定以上に、効果なしのモンスターであるという点に他なりません。
効果がないこれらのモンスターが、他のモンスターよりも優位に立てる要素と言えば、打点しかありません。なのに、上記の新規カード達はその打点をいともたやすく上回ってしまうのです・・・。
もちろん、新規カード以前に、これまでのカードによって既にこれら2体の立場はまるで無かったのは言うまでもありませんが。

数少ない差別化を図れる要素として、「効果モンスター以外のモンスター」に関するサポートを受けられる点があります。
上記の新規カード達は、蘇生した場合効果を発動できない事が多い(鬼岩城に至っては完全に不可能)ので、ダイガスタ・エメラルの効果で蘇生できるのは利点と言えるでしょう。
しかし、わざわざこれらのカードでやる意義は薄い様なサポートばかりというのが現状です(汗
ガオドレイクは地天の騎士 ガイアドレイクの融合素材になれるという利点がありますが、別にガオドレイクを使わずとも融合召喚する事はできます。
覚醒の勇士 ガガギゴにしても、同じステータスの通常モンスターであるゴギガ・ガガギゴの方が扱い易い様な気がして来ます。

元々立場の無かったカードが、救済されるでもなくますます立場が悪くなって行くばかり・・・。
どちらにも妙に思い入れのある私にとっては、嫌な傾向です。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ガガギゴにはまだリモーラで出せる三体エクシーズと言う道があるのが救いですね
逆にリモーラのコストとして使うのも、なかなかに便利な能力になるかと
リモーラではウロボ、ルーラーも出せませんし、其処でまだ差別化は可能
逆に言えばそれぐらいしか道はありませんし、その道でもシャーク・ドレイクの壁があるのですが・・・・・・

ガオドレイクは野性開放しかもう道が・・・・・・

また水属性のシンクロが出ませんでしたね。前回に続きまた水属性のシンクロを出さなかったのは何なんでしょうか。

アニメで水属性使いが二人いる代わりにシンクロは出さないつもりなのでしょうか?

No title

ガオドレイクはガイアナイトに星3地属性チューナーですぐに融合準備ができる利点(?)がありましたがガガギゴは…それこそ素材2体で召喚できるパールがいますし、2600を上回る打点のモンスターならウロボロスやディシグマで墓地に送らない除去をしたほうが良いでしょうし…デモンズ・チェーンに引っかからないくらいですかね。蠱惑の落とし穴もありますが蠱惑魔デッキくらいでしか使われていないようですし。絶対魔法禁止区域のモンスター版あたりが来ればいいのか?

No title

>鬼月さん
コメントありがとうございます。
リモーラは、ガガギゴやシャーク・ドレイクを他のランク4と差別化できる貴重なカードですね。リモーラが使いやすくなれば尚良くなると思います。
ガオドレイクは野生解放や猛突進に対応し、それらも含めてグリーンバブーンの特殊召喚のトリガーにできるので、【獣族】デッキではレベル9で最も優先して出すようにしています。

>素早いウナギさん
コメントありがとうございます。
今回の記事ではあえて書きませんでしたが、次のパックにも水属性シンクロが1体もいないですね・・・。更にエクシーズもいないんじゃないかと思います。
レベル2のシンクロチューナーに素材指定なしで2体でシンクロできるレベル9と、いずれも良い感じのバリエーションなだけに、水属性が増えなかったのが悔やまれます。

>名無しの方
コメントありがとうございます。
絶対魔法禁止区域は今の環境では潰されやすい上に、耐性を得る利点のある汎用カードがブラック・ホールや月の書位しか思い浮かびません(汗
ガオドレイクやガガギゴが実質的に下位互換になってしまった事は遊戯王カードwikiにも書かれていて何とも言えない気分になりました。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。