スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界に住む魔酔虫

今回紹介するカードは氷結界に住む魔酔虫です。
遊戯王OCG初の「水属性・昆虫族」という組み合わせのモンスターです。


氷結界に住む魔酔虫

氷結界に住む魔酔虫
効果モンスター
星4/水属性/昆虫族/攻1300/守1800
このカードが召喚に成功した時、
使用していないモンスターカードゾーンを1ヵ所指定して発動する。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
指定したモンスターカードゾーンは使用できない。



「氷結界」に属するモンスターの内の1体ですが、他の氷結界と違い、名前が「氷結界~」ではなく「氷結界に住む~」となっています。また、それに従って海外名も、他が「~of the Ice Barrier」なのに対し、「~in the Ice Barrier」となっています。
今のところ、このような名前の付けられ方をされているのはこのカードのみです。古の龍の封印を守護する「氷結界」の一族とは関係無い、原生の生物か何かなのでしょうか?
また、名前が「酔虫」ではなく「酔虫」である点にも気をつけたいところです(ちなみに私も今まで間違えていた事が何度かありました)。

このカードは守備力が1800と高めであり、氷結界の下級モンスターの中では封魔団に次ぐ数値です。しかし、あちらとは違いライオウなどの攻撃力1900ラインの攻撃に耐えられないのは辛いところ。
攻撃力は1300。封魔団より100高い数値であり、奈落にも連鎖除外にも掛からない氷結界モンスターの中では最高の数値です。
その点が評価されたのかどうかは分かりませんが、デュエルターミナルマスターガイドの「氷結界」SDデッキ【絶対氷壁】において、封魔団を差し置いて投入されていました。
ステータスから、どちらかというと守備的なモンスターと言えます。

このカードの効果は、通常召喚に成功した時に、表側表示で存在する限り使用していないモンスターカードゾーン1ヵ所を使用不可能にするというもの。
早い話がフィールドをロックする効果なのです、通常召喚によって場に出した時にしか効果を発動できません。これは、攻撃力よりも守備力の方が高いこのカードのステータスとは、あまりにもミスマッチです。
特殊召喚された場合や、セットしていたこのカードが表になった場合は、効果は発動せず、効果なしも同然となってしまいます…。
しかも表側表示で存在しなければロックを継続できません。攻撃力が低く場、持ちが良いとも言えないこのカードにとっては、更にミスマッチです。
ロック効果自体も、モンスターゾーンを1つ封じるだけという微妙なものです…。
モンスターゾーンが6つ(自分のと相手のが、それぞれ3つずつ)しかないデュエルターミナルのスピードデュエルならば、それなりの束縛力はあるでしょうか。
このカードに限らず、初期の頃のDTには、OCGよりもDTのSDを意識したと思われる様なカードが多い気がします。

いくつか出ている氷結界シリーズモンスターの中でも、本当に使い道に悩むカードの内の1枚です…。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。